転職ハウツー

POSTED

薬剤師は転職回数が多いと印象が悪くなるの?

薬剤師は転職回数が多いと印象が悪くなるの?

薬剤師の転職

薬剤師資格は国家資格ということもあり、ホワイトカラーの転職と比べると比較的転職のしやすい業界と言われています。また、依然売り手市場が続いているため、数年単位で職場を転々とする薬剤師さんも多いのが現状です。

では、雇用主側での転職回数の捉え方はどうでしょう。

ポイントは転職理由?

実際、転職エージェントにインタビューを行ったところ、「3回以上の転職をしている場合、理由次第ではマイナス評価につながる場合もある」ということでした。

例えば同じ3回の転職経験を持つ2人の薬剤師さんを選考するとします。
それぞれの今回の転職理由は下のようなものでした。

>Aさんの転職理由
調剤経験のないオーナーとの折り合いが悪く、先輩の薬剤師とも人間関係のトラブルで仕事がやりづらくなってしまった。また、薬剤師の人数も少ない為、店舗間移動も含めて休みが取れないほど働いているものの、給与交渉にも応じてもらえないので、心機一転職場を変えたいと思った。

>Bさんの転職理由
門前薬局なので長期休暇前後や繁忙期は目の回るような忙しさで、年末年始さえほとんど休みが取れず、子供の具合が悪い時でさえ嫌な顔をされるので肩身の狭い思いをしていた。
また、体制が古く処方箋を捌くばかりで、このままでは調剤しかできない薬剤師で終わってしまうと思い、給与を上げていくためにも、在宅経験を積んだり、時代に合わせた取り組みを積極的に行っているような職場を探したいと、転職に踏み切った。

Aさん、Bさんともにあげられているように、実際に人間関係の避けがたいトラブルや忙しすぎる職場環境、給与条件等は転職を考えるきっかけになることが多いのですが、採用担当者にとって重要なのは、"今回の転職でどうなりたいと考えているのか"がポイントになります。

Aさんは<現職から逃げたい>、Bさんは<経験を積んでステップアップしたい>という印象を受けますね。
この場合、「Aさんはまた同じような理由ですぐに辞めたくなるのではないかと」思われることでしょう。採用担当者としては当然Bさんを選びたくなるものです。

しかしながら、こういったポイントを抑えて上手に整理するのは一人では難しいものです。
そんな場合はプロのコンサルタントに相談しながら、転職を考えるに至った原因をきちんと整理し、それを踏まえて今回の転職でどうなりたいのかを考えてみるのが良いでしょう。
このポイントが採用企業側へ正しく伝えられれば転職回数は大きな問題にはなりませんよ。

PickUp 転職サイト

薬剤師転職サイト人気ランキングTOP3をご紹介!

薬キャリ

おすすめのポイント

  • 10万人が利用している圧倒的実績
  • 様々な働き方に合わせた求人提案が可能
  • 医療業界に精通しているので知識も豊富

医療業界に精通したエムスリーグループが運営しているため、大手だけでなく幅広い求人を網羅しているNo.1サービスです。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 11927件

マイナビ薬剤師

おすすめのポイント

  • 面談対策が好評!話に自信がない人必見!
  • 求人のプロが手厚いサポートをしてくれます
  • 企業求人が豊富!

求人業界ではお馴染のマイナビが運営する薬剤師転職サービス。求人のプロがしっかり書類や面接のアドバイスをしてくれます。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 41229件

ファルマスタッフ

おすすめのポイント

  • 日調に転職するなら絶対ここ!
  • ブランクありも安心の教育支援が受けられる
  • 豊富な全国拠点を持っているので相談しやすい!

調剤大手の日本調剤グループの運営する転職サービス。時給4000円以上など、高額時給求人が豊富!

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 71154件

ページの先頭へ