転職ハウツー

POSTED

よく聞く非公開求人って何?

よく聞く非公開求人って何?

「公開求人」と「非公開求人」

薬剤師の転職エージェントの広告や転職サイトでよく見かける「非公開求人」。
そもそも非公開求人って何?と思っている方も多いはず。今回は「公開求人」と「非公開求人」の違いについて説明します。

まず、「公開求人」ですが、これは、何が「公開」なのかというと、世の中に対して求人の募集内容が公開されている求人ということです。つまり、薬剤師の転職情報誌や転職サイト、ハローワーク等に出ている薬剤師の求人情報はすべて「公開求人」ということになりますね。

逆に、「非公開求人」というのは誰でも見えるところに公開されているわけではなく、例えば求人サイト(紹介会社)に会員登録して初めて見られるような意図的に隠されている薬剤師の求人や、何らかの理由で一般公開できない求人等のことを指しています。

わかりやすく言えば、不動産屋さんでお店の軒先に貼られている物件情報などを「公開求人」。
お店の営業マンとやり取りしている中で「掘り出し物件がでました!」と後から出してくれる物件情報が「非公開求人」と言えます。

なぜ「非公開」なのか?

一つは、採用企業側の選考の効率化です。
条件の良い求人ほど、非公開求人として紹介会社経由で募集がかかることが多く、その理由は一般公開して応募が殺到した場合選考に手間がかかってしまう為、予め可能性のある求職者を絞って求人を紹介し、採用の選考期間の短縮をはかる目的があります。
実際非公開求人は比較的「急募」且つ、好条件のものが多いので一般公開前に早い者勝ちで決まっていくんです。

もう一つは、公にはできない重要なポストに空きが出るような場合です。
役員クラス、マネージャークラスなどの求人を一般公開で募集をすると、社内はもちろん、競合企業にも当然情報が渡ることになり近々人事異動があることを公にしているのと同じことになってしまいます。
ですので、こういった重要なポストの求人については水面下で進められることがほとんどなんです。


気をつけたい「非公開求人」と紹介会社の選び方

最近では転職サイト側の戦略として「非公開求人の数」をウリにしている場合も多々あります。

実際、比較サイト等で転職サイトの良し悪し評価する際の軸として「非公開求人の数」で比べられているものを良く見かけませんか。

しかしながら、この件数や内容について実際は確認のしようがない為、私達にとってはブラックボックスでもあるんです。実は公開されている求人をあたかも「非公開求人」として紹介してくるというケースもあるようなので要注意ですね。

一方で、今までとは逆の発想で、ありものの求人ではなく薬剤師さんの希望を聞いた上で企業側に掛け合い、新しく求人を探してくるタイプの紹介会社も出てきています。

万が一登録した時点ですぐに良い求人がなかったとしても、条件の合う求人が見つかったタイミングですぐに紹介してもらえるように掛けあっておけば無駄な転職活動をすることもなく、スムーズに転職できることでしょう。

こういった紹介会社の場合は単に「非公開求人の数」ではなく紹介実績やサポート内容をウリにしているので、登録する前にサービス内容や紹介スタイルをよく調べてみてください。

紹介会社が持っている「非公開求人」のシステムを上手に使うことが転職成功の鍵ですよ!

PickUp 転職サイト

薬剤師転職サイト人気ランキングTOP3をご紹介!

薬キャリ

おすすめのポイント

  • 10万人が利用している圧倒的実績
  • 様々な働き方に合わせた求人提案が可能
  • 医療業界に精通しているので知識も豊富

医療業界に精通したエムスリーグループが運営しているため、大手だけでなく幅広い求人を網羅しているNo.1サービスです。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 11927件

マイナビ薬剤師

おすすめのポイント

  • 面談対策が好評!話に自信がない人必見!
  • 求人のプロが手厚いサポートをしてくれます
  • 企業求人が豊富!

求人業界ではお馴染のマイナビが運営する薬剤師転職サービス。求人のプロがしっかり書類や面接のアドバイスをしてくれます。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 41229件

ファルマスタッフ

おすすめのポイント

  • 日調に転職するなら絶対ここ!
  • ブランクありも安心の教育支援が受けられる
  • 豊富な全国拠点を持っているので相談しやすい!

調剤大手の日本調剤グループの運営する転職サービス。時給4000円以上など、高額時給求人が豊富!

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 71154件

ページの先頭へ