最新ニュース

POSTED

[2018年最新版]都道府県別-薬剤師年収ランキング|最高額は山形県652万円

[2018年最新版]都道府県別-薬剤師年収ランキング|最高額は山形県652万円

年収交渉ならお任せ!
おすすめ転職サイト3選

2016年の診療報酬改定・薬価改定の影響が一段落し業界全体としては落ち着きを取り戻したものの、引き続き大手のM&Aや処方箋付け替え等の問題等、話題に事欠くことのなかった2017年。
皆さんの職場はどうだったでしょうか。
ここでは薬剤師の年収について様々な軸で集計した結果を解説していきます。

1:2017年の全国の薬剤師の平均年収は544万円

まずは下のグラフを見て下さい。
こちらは2010年から2017年の薬剤師の平均年収の推移をわかりやすく表したものです。

2017年の薬剤師の平均年収は、大きく年収の落ちた2016年と比べると約29万円アップし、543万8200円でした。
内訳で見ると以下の通りです。

[きまって支給する給与額]465万9600円(前年比+29万7600円)
[年間賞与その他特別支給額]77万8600円(前年比-8400円)

※参照 厚生労働省「賃金構造基本統計調査」2010年~2017年を元に集計
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2017/index.html

[ここがポイント]
● 診療報酬改定のあった2016年については、各社、収益性の悪化に伴いベース給の引き下げで人件費を抑制する傾向が見られましたが、 2017年はベース給を例年の水準まで戻し賞与で抑える格好になりました。
● 中長期的にみるとなだらかに右肩下がりの傾向。肌で感じる薬剤師需要の高さとは裏腹の厳しい年収実態が見えてきます。


近く訪れるであろう薬剤師過多の時代を想定し、正しいキャリアの選択ができるよう準備をしたいですね。

2:都道府県別薬剤師の平均年収ランキング

次は都道府県別の薬剤師の平均年収についてみていきます。
しかし、そもそも都道府県別で薬剤師の年収は変わるのでしょうか?
 答えは ― 変わります。

2017年の最も年収水準の高かった県は山形県で652万円でした。
年収水準の最も低かった鳥取県と比べると、なんと170万円もの差がありました。

同じ国家資格を持ち、同じ立場の医療従事者として職務を果たす薬剤師でありながら、地域差がこれほどまであるのは驚きですね。
ここでは転職HAKASE独自調査により、紹介会社経由で転職をした常勤の薬剤師の年収金額を元に集計をしています。

[都道府県別 正社員平均年収ランキング]

ランキング 都道府県 年収 (前年比)
全国平均値 ¥5,354,373 ¥-20,974
1山形県¥6,527,733¥458,340
2岐阜県¥6,287,142¥597,709
3宮崎県¥6,125,671¥460,656
4岩手県¥6,120,686¥619,215
5石川県¥5,899,095¥58,393
6富山県¥5,872,611¥-182,499
7高知県¥5,803,900¥-115,959
8熊本県¥5,750,917¥-1,219
9佐賀県¥5,746,714¥233,491
10滋賀県¥5,721,671¥88,186
11鹿児島県¥5,711,470¥83,046
12和歌山県¥5,710,475¥-108,058
13静岡県¥5,654,851¥-64,200
14茨城県¥5,586,109¥109,988
15青森県¥5,566,942¥-458,810
16宮城県¥5,563,274¥98,212
17沖縄県¥5,533,212¥289,903
18神奈川県¥5,528,054¥295,052
19愛知県¥5,513,186¥4,217
20福島県¥5,500,138¥-279,640
21群馬県¥5,465,657¥-150,028
22秋田県¥5,456,773¥123,601
23広島県¥5,448,081¥-265,640
24山口県¥5,418,696¥-286,643
25山梨県¥5,417,689¥-204,972
26島根県¥5,388,608¥-884,665
27大分県¥5,315,750¥-544,943
28栃木県¥5,312,434¥-154,835
29愛媛県¥5,288,400¥80,106
30長野県¥5,281,158¥-246,106
31兵庫県¥5,269,734¥62,507
32岡山県¥5,257,502¥22,077
33香川県¥5,255,450¥-263,773
34北海道¥5,245,347¥-425,650
35東京都¥5,224,009¥21,875
36埼玉県¥5,222,450¥-25,549
37京都府¥5,211,430¥2,930
38新潟県¥5,188,869¥-291,622
39千葉県¥5,114,503¥-64,784
40長崎県¥5,113,072¥-502,908
41大阪府¥5,112,000¥-123,083
42福井県¥5,064,098¥-304,679
43三重県¥5,020,800¥-414,993
44奈良県¥5,020,489¥-314,625
45福岡県¥4,972,507¥-248,390
46徳島県¥4,924,643¥147,216
47鳥取県¥4,814,000¥-1,127,910

参考)転職HAKASE調べ


主要都市にフォーカスして見てみましょう。

□18位 神奈川県 553万円

神奈川県の年収は2016年から約30万円アップの553万円でした。
株式会社クリエイト エス・ディー薬樹株式会社、株式会社ヤマグチ薬局等、大手の調剤薬局、ドラッグストアが本社を構える神奈川県。
2016年の反動か、比較的大幅に年収が回復したのが印象的です。

□31位 兵庫県 523万円

関西エリアの大都市兵庫県は、2016年より約6万円アップの527万円でした。
兵庫県は2年連続で年収ランキングの順位が上がってきており、人気の影で人手不足に悩まされる企業も多いことがうかがえます。

□34位 北海道 525万円

前回の16位からかなり順位を落とした北海道。2017年の平均年収は2016年から43万円ダウンの525万円でした。
株式会社アインホールディングス、株式会社ツルハ等、大手調剤薬局、ドラッグストアが本拠地として腰を据える北海道。
2016年診療報酬改定以前は都市部を外れると800万円、900万円を狙える希少なエリアでしたが、診療報酬改定以降は財布の紐が固くなっているようです。

□35位 東京都 522万円

2016年と比較すると2万円アップの522万円
薬局数、薬剤師数とも日本一を誇る東京都。薬剤師の飽和状態にも近いと言われて久しく、年収をあげるには極めて困難な地域の一つです。
逆にいうと年収水準が大きく下がることもないので、安定した状態にあるといえるでしょう。

□41位 大阪府 511万円

西の大都市大阪は2016年と比較すると12万円ダウンの511万円でした。
株式会社コクミン、株式会社ダイコク、株式会社キリン堂等が本社を置く大阪。薬局数も東京に次いで全国第2位です。
人口集中はさる事ながら、特に経営側のコスト感が非常に高く年収交渉の難しい地域として知られています。




さて、あなたの年収は地域水準と比較してどうでしたか?
都道府県別の年収水準の差はその地域特性が大きく関係するため、年収アップにもそれぞれの地域に合わせた交渉が重要になってきます。
転職のタイミングで年収を上げたい薬剤師には、薬剤師専門の紹介会社の利用した転職がおすすめ。
地域ごとの相場とあなたの強みから年収アップの交渉をしてくれるので安心して任せることができるでしょう。

周囲より年収が低くて悩んでいたり、上が詰まっていて今後の年収アップが見込めない方は、一度薬剤師専門の紹介会社へ相談してみましょう。

―年収について疑問を感じたあなた!今直ぐ相談ください

年収交渉ならお任せ!おすすめ転職サイト3選

No.1

薬キャリ

正社員も派遣も強い
まずは登録すべき業界最大手

No.2

マイナビ薬剤師

病院企業に強い!
じっくり相談したいならココ

No.3

ファルマスタッフ

日本調剤系をめざすなら
派遣に強い転職サイト

【薬剤師の年収関連記事】
▼[生涯年収で比較]調剤薬局薬剤師は驚きの2億2435万円!
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/lifetimewage.html
▼薬剤師の年収1000万円は可能?確実に年収アップさせる方法がこれ!
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/post_46.html
▼薬剤師で年収800万円を稼ぎ出す!7つの働き方
https://tenshoku-hakase.com/category/howto/800job.html
▼【2017年最新版】都道府県別『薬剤師の平均年収』
https://tenshoku-hakase.com/category/news/hakase_2017.html

↓地域別の年収事情をもっと詳しく知りたい方はこちら↓

▼東京都で働く薬剤師さんのリアルな業種別年収
https://tenshoku-hakase.com/category/story/post.html
▼大阪府で働く薬剤師さんのリアルな業種別年収
https://tenshoku-hakase.com/category/story/post_1.html
▼福岡県で働く薬剤師さんのリアルな業種別年収
https://tenshoku-hakase.com/category/story/post_10.html

3:パート時給1位も山形県3000円!時給水準は全国的にアップ

では次にパート勤務で働く薬剤師の時給ランキングを見てみましょう。

2017年のパートの平均時給は41円アップし、2174円に。

前回も高時給だった山形県では引き続き唯一の3000円代をキープ。
2000円台後半の高時給が出ている県も増え全体的には底上げされたように見えるものの、一方で2000円を切る県もあり、地域差拡大の傾向も垣間見えます。

[都道府県別 パート薬剤師の時給ランキング]

ランキング 都道府県 時給 (前年比)
全国平均値 ¥2,174 ¥41
1山形県¥3,000¥667
2岐阜県¥2,800¥300
3宮崎県¥2,700¥700
4岩手県¥2,700¥67
5石川県¥2,700¥400
6富山県¥2,600¥300
7高知県¥2,530¥380
8熊本県¥2,500¥100
9佐賀県¥2,500¥425
10滋賀県¥2,479¥311
11鹿児島県¥2,450¥150
12和歌山県¥2,347¥347
13静岡県¥2,307¥63
14茨城県¥2,300¥-350
15青森県¥2,267¥179
16宮城県¥2,257¥12
17沖縄県¥2,250¥290
18神奈川県¥2,248¥47
19愛知県¥2,220¥70
20福島県¥2,201¥-64
21群馬県¥2,200¥181
22秋田県¥2,200¥-90
23広島県¥2,200¥275
24山口県¥2,188¥44
25山梨県¥2,184¥41
26島根県¥2,175¥-6
全国¥2,174¥41
27大分県¥2,167¥-186
28栃木県¥2,164¥44
29愛媛県¥2,163¥-94
30長野県¥2,160¥-178
31兵庫県¥2,160¥111
32岡山県¥2,150¥74
33香川県¥2,143¥-80
34北海道¥2,143¥51
35東京都¥2,121¥23
36埼玉県¥2,107¥-183
37京都府¥2,100¥-23
38新潟県¥2,100¥-250
39千葉県¥2,096¥78
40長崎県¥2,089¥15
41大阪府¥2,083¥-246
42福井県¥2,080¥137
43三重県¥2,060¥-133
44奈良県¥2,045¥-355
45福岡県¥2,033¥-167
46徳島県¥2,000¥100
47鳥取県¥1,867¥-165

参考)転職HAKASE調べ

― もしかして私の時給って低いのかも?そう思ったあなたは・・・

高時給パートを探すなら絶対ここ!おすすめ転職サイト3選

No.1

薬キャリ

正社員も派遣も強い
まずは登録すべき業界最大手

No.2

マイナビ薬剤師

病院企業に強い!
じっくり相談したいならココ

No.3

ファルマスタッフ

日本調剤系をめざすなら
派遣に強い転職サイト


【パート薬剤師の関連記事】
▼[薬剤師の復職術]ママ必見!働き方や保育園選びのポイントまで
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/mama_gbtw.html
▼派遣薬剤師VSパート薬剤師の条件比較~給与・安定性・福利厚生・将来性等
https://tenshoku-hakase.com/category/howto/temporary-staff-vs-part-timer.html
▼パート薬剤師ってどうなの?派遣との違いは?お金・働き方・転職の仕方まとめ
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/post_42.html
▼薬剤師のワーク・ライフ・バランスのとりやすさが尋常じゃない件
https://tenshoku-hakase.com/category/howto/pharmacist_wlb.html

4:派遣時給1位は富山県4500円!高時給で人気沸騰!派遣薬剤師の時給事情

次に派遣薬剤師の時給ランキングを見てみましょう。
2016年の派遣の平均時給は2781円でした。
2017年平均時給は87円アップし、2868円に。

正社員、パート同様、人口の多い都市部よりも地方の方が高い傾向にあり、1位の富山県ではなんと4,500円と、かなりの高時給です。
昨年に引き続き派遣需要の高さがうかがえる結果となりました。

[都道府県別 派遣薬剤師の時給ランキング]

ランキング 都道府県 時給
全国平均値 ¥2,868
1富山県¥4,500
2青森県¥4,300
3長崎県¥4,011
4山形県¥3,950
5三重県¥3,907
6宮城県¥3,875
7岐阜県¥3,550
8広島県¥3,518
9静岡県¥3,506
10鹿児島県¥3,480
11群馬県¥3,450
12山梨県¥3,427
13高知県¥3,370
14山口県¥3,267
15愛知県¥3,244
16徳島県¥3,167
17島根県¥3,100
18福井県¥3,100
19鳥取県¥3,100
20北海道¥3,052
21沖縄県¥3,029
22宮崎県¥3,000
23岡山県¥2,986
24栃木県¥2,965
25福島県¥2,931
26秋田県¥2,900
27大分県¥2,900
28福岡県¥2,898
29東京都¥2,882
30兵庫県¥2,854

参考)転職HAKASE調べ


― 派遣薬剤師の働き方をもっと知りたい!と思ったあなたは...

初めてでも安心!派遣転職に強い転職サイト3選

No.1

薬キャリ

正社員も派遣も強い
まずは登録すべき業界最大手

No.2

ファルマスタッフ

高時給求人多数
日本調剤系派遣会社

No.3

アプロ・ドットコム

研修制度充実
スキルアップに最適

【派遣薬剤師の関連記事】
▼[派遣薬剤師まとめ]メリット・デメリットや派遣会社の選び方
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/haken_2018matome.html
▼派遣薬剤師で働く<5つのメリット>
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/post_12.html
▼派遣薬剤師の時給アップ交渉術
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/post_33.html
▼派遣薬剤師になるための失敗しない3ステップ
https://tenshoku-hakase.com/category/howto/3.html
▼派遣会社比較!【5つのチェックポイント】
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/5.html
▼【病院派遣薬剤師の基本】ブラック?違法?病院未経験でも働ける?
https://tenshoku-hakase.com/category/work/post_39.html

年収交渉ならお任せ!
おすすめ転職サイト3選

薬剤師転職サイト人気ランキングTOP3をご紹介!

薬キャリ

おすすめのポイント

  • 10万人が利用している圧倒的実績
  • 様々な働き方に合わせた求人提案が可能
  • 医療業界に精通しているので知識も豊富

医療業界に精通したエムスリーグループが運営しているため、大手だけでなく幅広い求人を網羅しているNo.1サービスです。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 11927件

マイナビ薬剤師

おすすめのポイント

  • 面談対策が好評!話に自信がない人必見!
  • 求人のプロが手厚いサポートをしてくれます
  • 企業求人が豊富!

求人業界ではお馴染のマイナビが運営する薬剤師転職サービス。求人のプロがしっかり書類や面接のアドバイスをしてくれます。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 41229件

ファルマスタッフ

おすすめのポイント

  • 日調に転職するなら絶対ここ!
  • ブランクありも安心の教育支援が受けられる
  • 豊富な全国拠点を持っているので相談しやすい!

調剤大手の日本調剤グループの運営する転職サービス。時給4000円以上など、高額時給求人が豊富!

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 71154件

ページの先頭へ