お役立ち

POSTED

「アイセイ薬局」ってどうなの?事業や年収、評判について徹底リサーチ!

「アイセイ薬局」ってどうなの?事業や年収、評判について徹底リサーチ!

1.アイセイ薬局ってどんな会社?

1984年、千葉県市川市で産声を上げたアイセイ薬局。

創業3年目から調剤薬局のチェーン化を始め、1999年から医療モールの開発を本格始動。
医療モールという考え方がまだ一般的ではなかった30年以上前から、医療モールの事業開発に力を入れてきました。現在では医療モールの開発は100店舗を超え、業界トップクラスの実績を誇ります。

こうして成長を続けながら2011年、ジャスダック上場
ところが5年後の2016年に株式会社アイセイホールディングス(株式会社J-STARが運営する投資ファンドにより設立)が、公開買付け(TOB)を実施し上場廃止
医薬分業、大手のM&A合戦、調剤報酬改定による大手への締め付けなどの流れの中で、株主に左右されないため大きく舵取りをしました。

2017年度売上げランキングにおいては、アインHD、日本調剤、クラフトなどに続いて業界9位。 ※職場ナビより
https://pcareer.m3.com/shokubanavi/feature_articles/10

[アイセイ薬局の売り上げ推移]
平成28年度 592億円
平成27年度 607億円
平成26年度 552億円
平成25年度 487億円
平成24年度 422億円

●アイセイ薬局の<企業情報>
●アイセイ薬局の<教育研修制度>
●アイセイ薬局の<キャリアステップ>
●アイセイ薬局の<年収事情>
●アイセイ薬局での<ワーク・ライフ・バランス>
●アイセイ薬局についての<評判>

2. アイセイ薬局の企業情報

■社名:株式会社アイセイ薬局
■創業 : 昭和59年9月
■本社所在地 : 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-2-2 丸の内三井ビルディング
■URL : https://www.aisei.co.jp/
■店舗数 : 353店舗(グループ連結:平成30年6月1日現在)
■従業員数 : 3,025名(グループ連結:平成30年6月1日現在)
※参照 アイセイ薬局 HPより
https://www.aisei.co.jp/business/outline/

[グループ企業]
株式会社愛誠会
株式会社愛誠会静岡
株式会社日本医療サービス
ヒューマンファクトリー株式会社
株式会社AXIS
株式会社豊商事
株式会社トライ
株式会社トーワ

3. アイセイ薬局の事業内容

さて、ここではアイセイ薬局の事業内容について詳しく見ていきましょう。

[調剤薬局事業]
地域密着型に拘った薬局づくり。
薬のやり取りだけでなく、患者さまと仲の良いご近所さんのように、コミュニケーションをとり、顔や名前はもちろん、家族構成や健康上の悩みなど、様々な情報を把握する。
その上でなければ地域医療に貢献することはできないという考えのもと、ほんとうの意味でのかかりつけ薬局・薬剤師への取り組みを推進しています。


[ストアプロモーション事業]
店舗内に設置しているデジタルサイネージやマガジンを媒体化。患者向けの情報発信ができるメディアとしてメディアを売っている

1:全国約700箇所にネットワークされたデジタルサイネージ
月間100万人超へのリーチを提供できる全国約700箇所に設けられた調剤薬局内のデジタルサイネージネットワーク。
薬局を利用する患者さまの待ち時間に合わせて番組編成や放送回数を設計し、親和性の高いコンテンツを放送することができます。

2:「グッドデザイン・ベスト100」受賞の健康情報系フリーペーパー
毎号ひとつの症状にフォーカスし、医師や専門家の監修した上質な記事とクリエイティブに定評のあるフリーペーパー。
1号あたり15万部、年間で60万部発行。
編集タイアップ広告や純広告などのメニューが用意されています。


3:保険医療機関で行う信頼性の高いサンプリング
健康意識の高い方へ直接アプローチが可能なメニュー。保険医療機関で配布することに加えて、薬剤師によるハンドアウトとお声掛けにより、商材への信頼感の向上が期待されます。さらに、エリア・診療科目・年齢・性別・レセプトデータによる疾患別など、セグメントを分けた配布が可能

[医療モール開発事業]
複数の異なる診療科目の病院クリニック及び薬局を集約する医療モール型の店舗展開。地域医療のベストミックスとして30年前から取り組んできたパイオニア。
開業サポートやその後の支援、連携も視野に入れたトータルな医療提供を前提とし「患者さま、医師、薬局、三方良し」の施設でメリットの最大化を目指しています。

[医院開業支援・経営支援事業]
医薬分業から協業へ。
サービスの質と安全性を高めることを目的に行われた「医薬分業」を経て、さらに次のステージ、「医薬協業」へと進化を遂げています。
新規で開業しようとする医師をマーケティングの観点から、開業後の薬局・薬剤師との連携支援までトータルにサポートする事業にも注力しています。

[経営連携・事業継承事業]
少子高齢化によって医療需要が増大する一方で、薬剤師不足や後継者問題などで事業が立ち行かなくなる薬局があとを絶ちません。
アイセイ薬局ではそれぞれの会社の経営方針はもちろん、患者さま、地域の医療機関との連携、経営に関する全ステークホルダーの意向を尊重し最も良い形で事業継続ができることを最優先としています。
https://www.aisei.co.jp/business/succession/

[薬剤師の転職支援・派遣事業]
2015年に株式会社AXISを設立し、有料人材紹介事業を開始。
薬剤師に特化したお仕事紹介サービス「お仕事ラボ」を運営しています。


[介護福祉事業]
2000年から取り組みを開始した介護福祉事業では愛誠会を中心に、介護付有料老人ホームやグループホームのほかデイサービス、訪問看護などのサービスを展開。
アイセイ薬局の強みを最大限に活かしながら医療モールと調剤薬局、介護福祉施設が連携したサービス提供を行っています。
https://www.aiseifukushi.jp/


[障がい者自立支援事業]
アイセイ薬局では多様な人材が生き生きと働ける環境づくりを目指して、障がい者自立支援事業に取り組んでいます。
知的障がいを持つ方の就労を支援するため設立された千葉と静岡にあるワークステーションでは、全国の薬剤師、医療事務員が着用する白衣のクリーニングを行っており、薬局業務を支える大きな役割を担っています。

4. アイセイ薬局の<教育・研修システム>について

アイセイ薬局の研修制度について見てみましょう。
アイセイの研修サポート制度は入社前の国家試験対策講座から始まります。
薬剤師としてはもちろん、入社後は社会人としても成長できるプログラムが整っています。

[入社前研修]
●国家試験対策講座
●ホスピタリティマインド研修

[入社後研修]
■1年目
新入社員研修(マナー研修・薬事研修)、新人フォロー研修(薬歴研修・コミュニケーション基礎研修)など
■2年目
メンター研修、店舗管理基礎研修、論理コミュニケーション研修、レセコン医療保険研修
■3年目
店舗管理応用研修、心理コミュニケーション研修
■その他
在宅研修、疾患別研修、漢方基礎研修、店長研修(人材育成研修、評価者研修)、月例勉強会、ロジカルシンキング研修、プレゼンテーション研修、研修認定薬剤師取得へのe-ラーニング 他


[スキルランク制度]
アイセイ薬局では、薬剤師のスキルが7段階に分かれ「スキルランク」として設定されています。
スキルランクは年1回の試験や資格の有無、経験などによって決定し、ランクに合わせた研修内容が用意されています。
ランクにより薬剤師手当がするため、社員のモチベーションアップにつながる仕組みです。


5. アイセイ薬局の<キャリアステップ>

店舗数の多さと幅広い事業展開を行うアイセイ薬局でのキャリアパスは豊富に用意されています。
現場のスペシャリストとして、在宅医療や専門分野を極めたり、マネジメントスキルを磨きながらマネージャーや支店長などの道へ進むこともできます。
また、医療モール開発などの新規開発に携わるという道もあります。

[社内公募制度]
アイセイ薬局では社内公募制度を導入しており、医療モールの開発や、教育研修や広報など、様々な部署での人材を社内公募という形で募集しています。
薬剤師に限らず幅広いフィールドに可能性が広がっています。

[自己申告制度]
勤務コースの変更や職場環境に関するアンケートを行い、職場環境の改善に取り組んでいます。

[独立支援制度]
5年目以上の薬剤師には独立の道も用意されています。アイセイ薬局を自身の薬局として譲り受ける形で店舗オーナーになることも夢ではありません。

6. アイセイ薬局の<年収・給与>

アイセイ薬局の年収はどうなのでしょうか。
募集情報から見てみましょう。

[年収パターン]
●新卒薬剤師 
 地域勤務コース 250,000円
 エリア勤務コース 280,000円〜430,000円
 全国勤務コース 300,000円〜450,000円
 ※2017年度実績(新卒採用)

●中途薬剤師
  年収400万円~650万円

新卒薬剤師の年収としては上限月給は頭一つ抜けた金額です。


[各社初任給比較]

初任給(月給)
アイセイ薬局 250,000~450,000円
アイングループ 245,000円~355,000円
クラフト(さくら薬局) 253,000円~352,500円
日本調剤 250,000〜310,000円

参考:
・アイングループ 新卒薬剤師採用サイト https://www.ainj.co.jp/special/recruit/require.html
・クラフト株式会社 新卒採用サイト https://www.kraft-net.co.jp/rec/
・日本調剤株式会社 新卒採用サイト https://www.nicho.co.jp/shinsotsu/recruit#flow1

7. アイセイ薬局の<福利厚生>

次に見てみるのはアイセイ薬局の福利厚生です。
[アイセイ薬局の福利厚生]
●各種休暇・休業制度
●産前産後休業
●育児休業と復帰サポート
●保養所(東伊豆に会社の保養所)
●育児短時間勤務制度
●介護休業
●特別休暇制度
●慶弔見舞金
●eラーニング受講
●サークル活動
●お薬代サポート
●各種保険加入(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険・薬剤師賠償責任保険・調剤過誤保険など)
●財形貯蓄
●健康診断・インフルエンザ予防接種
●勤続表彰制度
●退職金(勤続3年以上で退職時に支給)
●会員制福利厚生サービス
●地域手当・赴任手当
●社宅制度
●引っ越しを伴う異動の場合の補助(引越し業者費用、引越し交通費、物件下見交通費、帰省費用、赴任一時金)


https://www.aisei.co.jp/recruit/welfare_programs/

8. アイセイ薬局の<クチコミ情報>

ここではアイセイ薬局についてのクチコミを見てみましょう。

"総じて風通しの良い店舗が多いですね"
― 私が働いていた店舗や、同僚の話を聞く限りではほかの薬局と比べて、店舗スタッフとマネージャー層が比較的近く、風通しの良い店舗が多い気がします。
上層部に薬剤師が多いので話を分かってもらいやすいんだと思います。
そういうわけでスタッフ同士仲が良い薬局が多いと思います。
(40代女性 正社員 勤務薬剤師)

"研修制度や資格補助、福利厚生が手厚い!"
― 認定薬剤師になるためのeラーニングが無料で受けられました。
薬剤師って真面目なんでみんなできれば勉強して資格を取りたいと思っているんですよね。そのための補助を会社がしてくれるのは非常にありがたいです。
また、福利厚生で処方薬も無料でもらえるので、これはやっぱり助かります。
(30代男性 正社員 勤務薬剤師)

"育休後の復帰はできたものの・・・"
― 産休育休を経て復職しましたが、もともと在籍していた店舗に戻れなかったのが辛かったです。
私の他にも同じように元いた店舗に戻れなかった人はいましたね。初めての子育てでいっぱいいっぱいなのに職場も新しくなって関係構築からとなると、ストレスでかなり疲弊しました。
すんなり戻られたのはよかったので、まあ仕方ないかと思って耐えました。
幸い新しい職場でもすぐに打ち解けて働きやすい環境を作り直すことができたので良かったですが、もう少し考慮してもらえたら気持ちよく働けたのにと残念です・・・
(30代女性 正社員 勤務薬剤師)

大手企業らしく研修制度や福利厚生などはしっかりと整っているようですね。
スキルアップをしていきたい薬剤師にとって資格取得の補助のようなうれしいサポート体制がある反面、女性薬剤師の育休明けの復職に関しては残念な意見もあるようですね。

10. アイセイ薬局についてまとめ

●企業売り上げとしては薬局業界で上位10社に入る大手
●ジャスダック上場後上場廃止。会社主体のユニークな事業展開を行う企業
●調剤事業の他薬局ネットワークを利用したメディア事業を展開
●他社に先んじて医療モールの開発に力を入れており数多くの実績がある
●「グッドデザイン・ベスト100」受賞のフリーペーパーのクオリティが高い
●豊富なキャリアパスが用意されており研修体制も万全
●全国勤務の新卒年収は他社より格段に高い。中途採用の年収は標準

いかがでしたでしょうか。
アイセイ薬局は競合企業とは一味違った戦略により差別化を進めながら成長している、ユニークな企業というイメージを持つ方も多いでしょう。
実際、ジャスダック上場廃止の背景には、株主に左右されず企業主体で事業の基盤を作るという強い意志もうかがえます。
医療モール開発や開局支援などを通して地域医療への貢献や薬局ネットワークの活用など、今後も薬局業界の新しいモデルケースを作る存在として注目したい企業です。

「アイセイ薬局」への転職相談なら今すぐ相談

No.1

薬キャリ

正社員も派遣も強い
まずは登録すべき業界最大手

No.2

マイナビ薬剤師

病院企業に強い!
じっくり相談したいならココ

No.3

ファルマスタッフ

日本調剤系をめざすなら
派遣に強い転職サイト

【この記事もオススメ】
▼調剤薬局VSドラッグストア業界動向まとめ
https://tenshoku-hakase.com/category/work/vs.html
▼「アインファーマシーズ」ってどう?業界No.1企業の実態と評判を徹底リサーチ
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/post_51.html
▼「日本調剤」って本当にブラック?事業や評判について徹底リサーチ
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/post_49.html
▼「さくら薬局」のクラフトってどうなの?事業や評判について徹底リサーチ
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/post_50.html

薬剤師転職サイト人気ランキングTOP3をご紹介!

薬キャリ

おすすめのポイント

  • 10万人が利用している圧倒的実績
  • 様々な働き方に合わせた求人提案が可能
  • 医療業界に精通しているので知識も豊富

医療業界に精通したエムスリーグループが運営しているため、大手だけでなく幅広い求人を網羅しているNo.1サービスです。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 11927件

マイナビ薬剤師

おすすめのポイント

  • 面談対策が好評!話に自信がない人必見!
  • 求人のプロが手厚いサポートをしてくれます
  • 企業求人が豊富!

求人業界ではお馴染のマイナビが運営する薬剤師転職サービス。求人のプロがしっかり書類や面接のアドバイスをしてくれます。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 41229件

ファルマスタッフ

おすすめのポイント

  • 日調に転職するなら絶対ここ!
  • ブランクありも安心の教育支援が受けられる
  • 豊富な全国拠点を持っているので相談しやすい!

調剤大手の日本調剤グループの運営する転職サービス。時給4000円以上など、高額時給求人が豊富!

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 71154件

ページの先頭へ