お役立ち

POSTED

薬剤師の職務経歴書の書き方|テンプレート・コピペ可能な例文も

薬剤師の職務経歴書の書き方|テンプレート・コピペ可能な例文も

転職HAKASEおすすめ
おすすめ転職サイト3選

職務経歴書は自分の経験・スキルなどを志望先の企業へアピールする際に使うものです。

一般的にホワイトカラーの転職では履歴書とは別に、これまで経験してきた具体的な業務内容や身に着けたスキルなどが書かれた職務経歴書を提出し、志望先の企業でどのように役立てることができるのか、自らをアピールします。
具体的な経験スキルを身に着けた中途転職において、職務経歴書は情報整理と基本的な書類作成スキルを推し量ることもできるため、重要な役割を果たしているのです。


しかしながら、実は薬剤師の転職においては職務経歴書の提出は求められないことが多いです。
特に調剤薬局、病院、ドラッグストア業界の薬剤師業務での転職においてはほとんど必要とされないといっても過言ではありません。

その理由は、薬剤師業務の職務範囲は業種によって異なるものの、調剤業務の場合は業務内容が比較的限定されているため特異性が少なく、履歴書の経歴欄に記述する内容で事足りてしまうためです。

とはいえ、企業への転職、またキャリアチェンジの際には職務経歴書があったほうが有利にアピールできるケースもあります。また、転職回数が多い薬剤師にとっては転職回数を逆手にとって経験の豊富さをアピールするツールとしても使えます。

そんなわけで、ここでは薬剤師の職務経歴書の書き方を詳しく解説しながらご紹介していきます。
転職HAKASEオススメの職務経歴書サンプルのダウンロードもできるので是非参考にしてみてくださいね。

[職務経歴書フォーマットを今すぐダウンロード]



履歴書の書き方はこちらの記事がおすすめ!


●職務経歴書でアピールできる内容は?

先でもあった通り、転職活動時は「履歴書」とセットで「職務経歴書」の提出が求められることがあります。
では履歴書と職務経歴書の内容はどう違うのでしょうか。

【履歴書に記載する内容】
・氏名・住所・連絡先などの基本的な個人情報
・写真
・学歴、職歴の概要
・通勤時間
・配偶者の有無

<採用担当者が履歴書で見るポイント>
☑ 自宅は通勤可能な範囲内か
☑ 学歴や職務経歴に信憑性があるか
☑ 応募している企業への志望度合い
☑ 転職回数
☑ 希望条件と応募先条件との乖離がないか


【職務経歴書に記載する内容】
・勤務先での具体的な業務内容やポジション、役割など
・保有資格
・スキル
・自己PR

<採用担当者が職務経歴書で見るポイント>
☑ 過去の業務と具体的な実績
☑ 求める実務のスキル・知識を持っているか
☑ 仕事上の強みはなにか
☑ プレゼン能力があるか
☑ 自分の強みを自覚しているか
☑ 転職目的が納得できるか
☑ 記載内容に信頼性があるか
☑ 過去の経歴から志望理由に一貫性があるか
☑ 仕事のポジション・ミッションを任せそうか


履歴書は個人情報を記したもので人事に向けての書類、職務経歴書は経験スキルを具体的に記したもので選考材料として面接の際にも使用されるものと考えましょう。

●職務経歴書の種類について

職務経歴書にはアピールの方法により大きく3つの種類があります。

1:編年体式
経歴を時系列で記していくスタイル
こんな人にオススメ:これまで積み重ねてきた経験を活かした転職をアピールしたい人向け

2:逆編年体式
直近の経歴からさかのぼりながら経歴を記していくスタイル
こんな人にオススメ:直近での業務内容や功績を特にアピールしたい人向け

3:キャリア式
時系列に関係なく業務の分野別に経験をまとめるスタイル
こんな人にオススメ:業務や経験の幅広さをアピールしたい人向け。特に転職経験が多い人など

<職務経歴部分の書き方ポイント>
☑ 調剤薬局から調剤薬局への転職においては最も一般的な編年体式か、逆編年体式
☑ 直近でのポジションに役職がついている場合は逆編年体式のほうがより効果的に経験や実績をアピールできる
☑ 薬剤師においてキャリア式を用いることはほとんどない



【ダウンロード】転職HAKASEオススメ職務経歴書フォーマット

転職HAKASEでは最も一般的な編年体式の職務経歴書をおすすめしています。
薬剤師専用オリジナル職務経歴書はこちらからダウンロードできますので是非チェックしてみてください。

[職務経歴書フォーマットを今すぐダウンロード]

●職務経歴書の書き方

①日付
提出日から1週間以内の日付にしましょう。
あまりに以前の日付ですと、使いまわしている感じが出てしまいますね。
ここで誠実さと丁寧さに欠けると判断されてしまっては台無しです。

②要約
職務経歴書の冒頭部分にある要約は職務経歴書の顔ともいえる部分です。
忙しい採用担当者の中には、要約に書かれている内容で判断する選考する人もいるほどです。
要約部分がいかに簡潔で魅力的に書かれているかで、そのあとに続く職務経歴書を見てもらえるか否かが決まるため、特にしっかりと準備をする必要があります。

例)
病院薬剤師としてX年、調剤薬局薬剤師としてX年、調剤業務・病棟業務・管理薬剤師業務また、店舗運営等幅広い業務に携わってきました。直近では店舗を離れ本社の人材開発部において、後進薬剤師の人材教育やマネジメント層の育成にも関わってきました。

応募する業種・職種・役職などによってアピールできるポイントは異なります。募集内容に完全に合致する経験がなくてもこれまでの経験から何を学んで成長してきたのかが重要です。
特に20代~30代前半の転職ではポテンシャルを重視して選考されることが多いため、キャリアに対する志向やモチベーションとなること、また人柄が垣間見える内容になっているとよいですね。
30代後半以降になってくると実際の職務における実績にポイントを置いてみられます。
まずは経歴を端的にまとめ、具体的な業務の内容、特にアピールできる成果などを明確にして記載しましょう。

③職務経歴
職務経歴書の中で最も重要な部分です。
原則として時系列に記載していきます。
特に重要視されるのは具体的な職務内容と役割・役職、そして実績です。
複数社、また同じ会社であっても部署や店舗の移動、役職の変更などがある場合はわかりやすく分けて記述してください。
また、実績については数字を用いると伝わりやすいため、「前年比〇〇%伸長」「売上〇〇円達成」「コスト〇〇%カット」というようになるべく数字で表しましょう。
しかし、専門用語や前職での社内用語、省略語などは避けましょう。
チームや店舗でマネジメントを任された経験があれば書いておいたほうがよいでしょう。

④取得資格
薬剤師国家資格と、その他お持ちの資格を記載してください。
略称ではなく正式名称で記載しましょう。
また取得時期も含めて記載します。
応募する職種で英語を利用する可能性がある場合はTOEICの点数を記載しましょう。

例)
〇〇年〇〇月 薬剤師国家資格取得
〇〇年〇〇月 TOEIC800点

⑤パソコンスキル
薬剤師においては高度なパソコン操作を必要とすることは少ないものの、業種やポジションによっては職務の中で頻繁に利用することがあります。
Word、Excel、PowerPoint、Illustrator、Photoshopなど、アプリケーションごとのスキルレベルを記載できるとよいです。
もしもソフトウェアの試験などを受けた経験がある場合はその旨も記載しておきましょう

例)
・Word  各種報告書、契約書類作成
・Excel(IF関数、ピボットテーブル、VLOOKUP関数)  店舗運営データ管理
・PowerPoint  提案資料作成
・Access データベースの入力・修正、クエリ作成

⑥自己PR
これまでの経歴の中で特に注目してほしいポイントをより具体化して記述し、それから学んだこと、現在の自分の強みになっているところなどを記述していくとよいでしょう。
また、応募したポジションで採用になった場合、どのように企業へ貢献していきたいと考えているか、どのようなキャリアパスをイメージしているか、人柄がうかがえるような具体的なエピソードなども付け加えるとより良いです。

例)
地域貢献と患者様との信頼関係を築くことこそが薬剤師の果たすべき職務という思いで、これまで勤務してまいりました。
病院では病棟業務や治験業務にも関わる中で、医療現場の中で求められる薬のプロフェッショナルとしての薬剤師像体現し、調剤薬局では患者様を通して地域医療をより意識し、信頼関係を築くためのコミュニケーションや店舗づくりを心がけました。
直近で所属しておりました人材開発部門では、これまでの私の経験を反映する形で薬剤師育成プランを策定し、後進の教育に関わってまいりました。

職務経歴書はまずは採用担当者にあなたに興味を持ってもらうための書類です。
あなたの人となりを知らない人が、書類のみであなたを判断することになります。そのため、補足説明なしに伝えたいことが伝わるかが非常に重要です。
ざっと書いたら何度か見直しをし、ブラッシュアップしていきましょう。
また、実際の面接では職務経歴書の内容をもとに質問をされるため、職務経歴書に書いた業務や実績については詳細の説明ができるようにしておきましょう。
またその経験を応募した企業でどのように活かしたいかまでストーリーの組み立てができているとよいです。

●職務経歴書に関するよくある質問

Q. 鬱病の診断を受けて1年間休職した過去があります。職務経歴書に病歴なども記載したほうが良いでしょうか?
A:病歴については職務経歴書に記載する必要はありません。
ただ、もしもあえて伝えておきたい。という場合は面接に進んだ段階で自己判断で伝えてください。
過去の症状にもよりますが、例えば鬱病などで1年程度休職期間があった場合は必ずこの点を採用担当者から聞かれるはずです。
病状について理解を得た上で安心して勤務したい場合は、職務経歴書に書くのではなく面接の際に相談するのがベストです。

Q. 職務経歴書には決まったフォーマットはありますか?
A:職務経歴書に記載すべき内容はほとんど形式化されているため、内容に不足がなければ特に決まった形式はありません。
しかし、ある程度美しく整って見えるものがよいので、不安な方はフォーマットをダウンロードして利用することをおすすめします。

Q. 職務経歴書は手書きとパソコン作成はどちらが良いでしょうか?
A. 職務経歴書はパソコンで作成するのが一般的です。
履歴書と異なり記載する内容が多いため、パソコンで情報整理して作成したほうが美しく仕上がるためです。
職務経歴書で採用担当者から見られるポイントの一つでもある「情報整理能力やプレゼンテーション力」や基本的なパソコンスキルなども 職務経歴書の完成度から判断されると考えましょう。
また誤字脱字の修正もパソコンであれば可能ですが手書きの場合は汚くなってしまう可能性があります。
よって、転職HAKASEではパソコンでの作成を推奨します。

Q. 派遣社員として働いていた期間についてはどのような記述にすればよいですか?
A. 次の転職でも派遣薬剤師として働く場合は職務経歴書が必要になることはほぼありません。
薬局や病院勤務ではなく、企業の求人へ応募する場合は職務経歴書が必要になります。
その場合は派遣先の企業と派遣元企業をわかる形で記載しましょう。
例)
◯◯◯◯薬局◯◯店(派遣元:◯◯◯スタッフ)


Q. 職務経歴書に退職理由は書いたほうが良いでしょうか

A. 職務経歴書に退職理由を書く必要はありません。
基本的には経歴をアピールするために作成する書類なので、マイナスの印象を与える内容について書く必要はないです。
ただし、転職回数が多くかつやむを得ない理由での退職(例えば、勤務先企業の倒産など)がある場合は、退職理由の補足をしておけばネガティブな印象を与えにくいでしょう。

●職務経歴書の書き方についてのまとめ

☑薬剤師の場合、転職する際に職務経歴書は必要ない場合がほとんど
特に派遣薬剤師については必要ない

☑職務経歴書でチェックされるポイントは主にこれら
・これまで経験してきた職務内容、実績
・これまでのキャリアと転職先の業務との整合性
・プレゼンテーション能力
・強みとなり発揮できるであろう能力

☑職務経歴は一般的には時系列で記載をすることが多いが
・これまで経験した職務経歴を流れでアピールしたい場合は時系列で記載する方式がおすすめ
・直近での実績を特にアピールしたい場合は遡りながら記載する方式がおすすめ

☑初めの要約は重要なポイント。ここでは経歴をわかりやすく簡潔にまとめてアピールし、採用担当者に詳細を知りたいと思わせる内容に

☑自己PRは絶対に手を抜かない!これまでの経歴で最もアピールできるポイントと転職先でどのように経験と能力を生かすことができるのか、 イメージできるような内容に
また人柄をうかがわせる具体的なエピソードなどを入れるのもよい


履歴書の書き方はこちらの記事がおすすめ!


今回は職務経歴書の書き方について解説してきましたが、より詳しく知りたい場合や、書き方について相談したい場合は紹介会社に問い合わせをしてみると良いでしょう。
特にはじめての転職の場合は不安も多いので、あらゆる相談に乗ってくれる紹介会社の利用がおすすめです。
転職HAKASEおすすめの紹介会社はこちらから登録可能です。

転職HAKASE
おすすめ転職サイト3選

ページの先頭へ