お役立ち

POSTED

薬剤師の履歴書の書き方|テンプレート・コピペ可能な例文も

薬剤師の履歴書の書き方|テンプレート・コピペ可能な例文も

転職HAKASE
おすすめ転職サイト3選

転職活動の際に必要となる書類のまず1つ目が、「履歴書」です。
「履歴書なんて新卒のとき以来で書き方がわからない!」という方も多いのではないでしょうか。

履歴書はあなたの個人情報を含む、基本的なプロフィールを応募先企業に示すための非常に重要な書類です。
基本的には定形フォーマットに則って必要情報を揃えれば問題はありませんが、 最低限のルールがありますのでポイントをしっかりとおさえた上で作成するよう心がけましょう。

この記事では薬剤師の正しい履歴書の書き方を詳しく解説しながらご紹介していきます。
転職HAKASEオススメの履歴書サンプルのダウンロードもできるので是非参考にしてみてくださいね。


[履歴書フォーマットを今すぐダウンロード]



職務経歴書の書き方はこちらの記事がおすすめ!


●履歴書でアピールできる内容は?

転職活動時は「履歴書」とセットで提出を求められることがあるのが「職務経歴書」です。
この2つの書類の違いを正しく理解できていますか?
まずは、履歴書と職務経歴書の内容の違いを知りましょう。

【履歴書に記載する内容】
・氏名・住所・連絡先などの基本的な個人情報
・写真
・学歴、職歴の概要
・通勤時間
・配偶者の有無

<採用担当者が履歴書で見るポイント>
☑ 自宅は通勤可能な範囲内か
☑ 学歴や職務経歴に信憑性があるか
☑ 応募している企業への志望度合い
☑ 転職回数
☑ 希望条件と応募先条件との乖離がないか


【職務経歴書に記載する内容】
・勤務先での具体的な業務内容やポジション、役割など
・保有資格
・スキル
・自己PR

<採用担当者が職務経歴書で見るポイント>
☑ 過去の業務と具体的な実績
☑ 求める実務のスキル・知識を持っているか
☑ 仕事上の強みはなにか
☑ プレゼン能力があるか
☑ 自分の強みを自覚しているか
☑ 転職目的が納得できるか
☑ 記載内容に信頼性があるか
☑ 過去の経歴から志望理由に一貫性があるか
☑ 仕事のポジション・ミッションを任せそうか


履歴書は個人情報を記したもので人事に向けての書類、職務経歴書は経験スキルを具体的に記したもので選考材料として面接の際にも使用されるものと考えましょう。


【ダウンロード】転職HAKASEオススメ履歴書フォーマット

薬剤師専用オリジナル履歴書はこちらからダウンロードできますので是非チェックしてみてください。

[履歴書フォーマットを今すぐダウンロード]

●履歴書の書き方

ここでは履歴書の書き方についてポイントごとに解説をしていきます。
①日付
提出日から1週間以内の日付にしましょう。
あまりに以前の日付ですと、使いまわしている感じが出てしまいますね。
ここで誠実さと丁寧さに欠けると判断されてしまっては台無しです。

②押印
氏名欄の横に押印のマークや押印欄がある履歴書を使用する場合は押印してください。
最近では押印欄のない履歴書も増えてきていますので、その場合は押印の必要はありません。
押印に使用する印鑑については、なるべくシャチハタを避け、朱肉をつけて押印するものにしましょう。

③生年月日
生年月日は和暦・西暦どちらで記載してもよいですが、その他の箇所と統一するようにしてください。

④写真
履歴書に張り付ける写真は3か月以内に撮影した証明写真を使用することをお勧めします。
自撮り画像やスナップ写真を切り抜いて使用することは避けましょう。
男女ともにジャケットを着用し、清潔感のあるヘアスタイルを心がけてください。
女性は派手なメイクは控えナチュラルメイクで仕上げるほうが好感度は高いです。
写真は第一印象を大きく左右する非常に重要な要素なので、マイナスイメージがつかないよう最低限のポイントを押さえて撮影しましょう。



⑤学歴
学歴・職歴欄の1行目に「学歴」と記載し、2行目以降に実際の学歴を記入していきます。
中学または高校卒業年次からはじめ、大学の入学と卒業、最終学歴までを記入してください。
学校名については正式名称で、学部学科までを正確に記入しましょう。

⑥職歴
最終学歴から一行あけ、「職歴」を記載します。
学歴同様、会社名は省略せずに正式名称で記載しましょう。
履歴書と一緒に職務経歴書を提出する場合はここで詳細な業務内容を記載する必要はありませんが、
職務経歴書の提出がなく、履歴書の欄に余裕がある場合は配属先店舗(または部署)で、どういった業務に従事していたかを簡単に記入してもよいでしょう。

(例文)
株式会社〇〇〇〇薬局
 〇〇店 管理薬剤師兼店長として勤務


転職や退職をしている場合、社名の下の行に「一身上の理由により退職」と記入しましょう。
もしも会社側の都合での退職の場合は「会社都合により退職」と記入するとよいです。
また、家族の引っ越しに伴う退職の場合は「配偶者の転勤による引っ越しのため退職」と記入するとよいでしょう。



⑦資格・免許
取得資格を古い順で記入します。
薬剤師免許はもちろんのこと、研修認定薬剤師の資格取得や、専門薬剤師、また、スポーツファーマシスト、ケアマネジャー
サプリメントアドバイザーなど、取得資格については評価につながることもあるので忘れずに記入しましょう。
在宅のある店舗などでは運転免許があると重宝されることもありますので、自動車の免許を取得している方は記入するとよいです。

⑧志望の動機・特技・アピールポイント
ここは履歴書の中で最も自らをアピールできる箇所です。
応募する業務の内容や、応募先企業のことをよく調べ、具体的にどのような部分が自分にマッチしていると考えたのか、応募先の企業で働きたいとおもった理由、 どのような価値を提供できるのか、入社後のイメージなどを伝えられるとよいです。
「御社だからこそ働いてみたいと思った」という気概が感じられる文章を心がけましょう。

(例文)
現在の職場で結婚・出産をし、育休取得後職場復帰をして勤務しております。 この度は配偶者の転勤による引っ越しがきっかけの転職ではありますが、仕事と家庭・育児の両立ができ、また長く働き続けることができる職場と考え、御社を志望いたしました。



⑨本人希望
ここで注意したいのは希望を多く書きすぎないことです。
絶対に譲れない条件がある場合は記入してもよいですが、詳細な条件交渉は選考が進んでから面接などの場で行っていきますので 給与の希望額などはここでは記入しなくてよいです。
特にない場合は「貴社の規定に準じます」と書きましょう。

(例文)
・日曜・祝日休みの週5日勤務を希望。平日は18時半までの勤務とさせていただけますと幸いです。


●履歴書に関するよくある質問

Q. 鬱病の診断を受けて1年間休職した過去があります。履歴書に病歴なども記載したほうが良いでしょうか?
A:履歴書の種類によっては健康状態を記載する欄が設けられているものもあります。
記載する際の判断基準としては、業務に支障があるかどうかです。
まず、過去、疾患を理由に退職し、治療のための休養期間を設けたが現在は完治している。という場合ですが、
このケースにおいては現状の健康状態はあくまで「良好」かつ「業務に支障がない」ため、「良好」と記載をして問題ありません。
ただし、面接ではおそらく休職した理由を聞かれるはずです。その際は事実を正直に報告しましょう。

一方で、現在も定期的に通院をしており、業務に支障をきたす可能性があるというケースの場合、その旨を記載しておいたほうが後のトラブルにも繋がりにくいですし、あなた自身の負担にもなりにくいです。
とはいえ、もしもどうしても働かなければならない理由がないのであればもしかすると今一度転職を見直すべきなのかもしれません。

Q. 薬剤師の履歴書には決まったフォーマットはありますか?
A:履歴書にはいろいろな形式がありますが、薬剤師の転職でも一般的な履歴書で問題はありません。
転職HAKASEオリジナルの履歴書もご用意していますので、ぜひこちらもご使用ください。

Q. 履歴書は手書きとパソコン作成はどちらが良いでしょうか?
A. 手書きでもパソコンでもどちらでも問題ありません。
ただし、特に年配の面接官のなかには手書きのほうが好印象と捉える方もいます。あなたの印象を決める重要な書類なのでもしも手書きで美しく書く自信のある方は 自己判断で手書きで書いても良いでしょう。
逆に雑な字はマイナスの印象を与えてしまいますし、誤字脱字の修正が多いと汚く見えてしまいますので注意が必要です。

●履歴書の書き方についてのまとめ

☑履歴書は人事と面接官が人となりを判断するための重要な書類

☑履歴書でチェックされるポイント
・見た目の印象
・自宅住所(通える範囲か)
・学歴や職務経歴の信憑性
・転職回数
・志望動機
・希望条件

☑志望動機は慎重に書く
志望動機や自己PR文は、志望企業やポジションについてよく調査をし、企業が求めている人材像とのマッチ度合いを把握した上で書きましょう。
自分の経験がどう役立ちそうか、どういった貢献ができるのか具体的に記載できると◯


職務経歴書の書き方はこちらの記事がおすすめ!


今回は履歴書の書き方について解説してきましたが、より詳しく知りたい場合や、書き方について相談したい場合は紹介会社に問い合わせをしてみると良いでしょう。
特にはじめての転職の場合は不安も多いので、あらゆる相談に乗ってくれる紹介会社の利用がおすすめです。
転職HAKASEおすすめの紹介会社はこちらから登録可能です。

転職HAKASE
おすすめ転職サイト3選

ページの先頭へ