お役立ち

POSTED

「管理薬剤師」とは?兼業できる?メリット・デメリットや年収について

「管理薬剤師」とは?兼業できる?メリット・デメリットや年収について

管理薬剤師の仕事、管理薬剤師のなりかた、管理薬剤師の年収などについて詳しく調べました。


■管理薬剤師とは

管理薬剤師とは・・・
薬局や製薬会社などのような医薬品を取り扱うところで、医薬品の「品質管理」や「在庫管理」、所属する薬剤師の「指導・管理」「マネジメント」などを行う職種のこと

管理薬剤師は薬剤師資格を保持していることが最低条件となりますが、特別な資格を取得する必要はありません

しかしながら、医薬品の知識や医薬品の管理方法についての知識や、調剤業務、接客経験、法律に関する知識も求められるため、薬剤師としての経験は最低3年以上を求められる場合が多いようです。
小規模な薬局であれば薬局長と管理薬剤師が兼務という場合も多く見られます。

薬剤師は自分が従事している保険薬局の所在地の地方保健事務局長に届け出を行い、「保険薬剤師の登録」をする必要があります。
勤務薬剤師という立場であれば複数の薬局に登録して調剤を行うことができます。
しかし、管理薬剤師は管理する薬局のみでしかか登録することはできません

つまり、管理薬剤師は薬剤師としての兼業は不可というわけです。

■管理薬剤師とは

管理薬剤師の職場は医薬品が存在しているところ。つまり、以下のような職場があげられます。

 ・調剤薬局
 ・ドラッグストア
 ・病院
 ・製薬会社
 ・医薬品卸


医薬品の取り扱いがあるところには必ず管理薬剤師を置く必要があるということになりますね。

■管理薬剤師の仕事内容

では管理薬剤師のお仕事内容について具体的に見ていきましょう。
基本的には医薬品の管理とそこで働く従業員の管理、設備管理、また関係する取引先や社内部署、行政への報告などが主な業務となります。

【主な管理薬剤師の業務】
○(薬局の場合)調剤業務・服薬指導
○医薬品の在庫管理、品質管理
○医薬品とその他の商品の陳列管理
○従業員の管理・指導・監督
○調剤設備や体制の整備と管理
○医薬品に関する情報収集
○外部への情報提供
○薬の副作用などの報告

■管理薬剤師になるためには

基本的には社内で管理薬剤師が退職したり、他店舗や他部署への異動などがあったタイミングで勤務薬剤師の中から昇進という形で就任する事が多いでしょう。
患者様、お客様、取引先とのコミュニケーションもスムーズに引き継ぐことができますし、従業員との関係構築もできているため弊害が少ないためです。
"
しかし、薬剤師が多く在籍している職場の場合は上が詰まっていてなかなか昇進できないというケースも多い です。"
"
一方で、何らかの理由で管理薬剤師のポジションが空いた場合であっても、若手の薬剤師が多いもしくは、他に薬剤師がいないというケースも存在 します。"

この場合は、外部から管理薬剤師のポジションで採用を行うことになります。
しかし、転職で管理薬剤師のポジションに入った場合、既存の薬剤師やその他の従業員との関係性づくりから始める必要があるので、仕事の進め方の違いに戸惑ったり、経営層や職場の雰囲気に馴染めないという問題が起こる可能性もあります。

手っ取り早くステップアップするためには社内で抜擢されるのを待つよりも、転職するほうが近道であることは間違いないですが、転職で失敗するのが怖い方は専門の紹介会社を利用するのがおすすめです。

転職前に職場の雰囲気や経営層の人柄などの情報を紹介会社を通して得る事ができるので、「こんなはずじゃなかった!」という事態を回避することができるでしょう。

■管理薬剤師の年収は?

管理薬剤師の平均年収は約610万円でした。 ※転職HAKASE調べ
勤務薬剤師(正社員)の平均年収が約535万円なのでかなりの高年収と言えますね。

【参考記事】
▼[2018年最新版]都道府県別-薬剤師年収ランキング|最高額は山形県652万円
https://tenshoku-hakase.com/category/news/ranking2018.html

【管理薬剤師の転職実例】
▼【大阪市中央区】50代元薬局経営のベテラン薬剤師、年収720万円の管理薬剤師へ
https://tenshoku-hakase.com/category/story/50720.html
▼【東京都杉並区】高年収を維持したまま、家族との時間もしっかり確保できる管理薬剤師へ
https://tenshoku-hakase.com/category/story/post_18.html


【求人例1】※薬キャリAgentより(2018年5月時点掲載)



【求人例2】※マイナビ薬剤師より(2018年5月時点掲載)



このように実際に年収600万円以上の管理薬剤師求人は各社で掲載されているようです。

■管理薬剤師のメリット・デメリット

薬剤師としてのキャリアの中で管理薬剤師のポジションを目指す薬剤師は少なくないでしょう。
大手であれば、勤務薬剤師から管理薬剤師、薬局長、エリアマネージャーのようにキャリアを進めていくことが一般的なキャリアパスとなります。

では管理薬剤師になることのメリット・デメリットはなんでしょう。

【管理薬剤師になるメリット】
○年収が上がる
○マネジメント経験を積むことができる
○店舗運営に関する知識経験を身につけることができる
○市場価値が上がる(転職に有利になる)

【管理薬剤師になるデメリット】
○業務範囲、責任範囲が広くなる
○残業が増える可能性がある
○薬剤師としての兼業ができなくなる

メリットは非常にわかりやすいですね。先でも述べたとおり、年収は格段に上がります

部下の育成や人材管理をするためマネジメント経験を積むこともできます。 また、医薬品管理だけでなく、店舗運営や経営に近いポジションで働くことになるため、経営的な立場で仕事をすることができます。
当然これらの経験は転職時にプラスに評価される要素なので薬剤師としての市場価値は確実に高くなります。

逆にデメリットとしては業務範囲が広がることで忙しくなり、残業が増える事もあるかもしれません。
しかし業務ボリュームを自分でコントロールできる立場でもありますので、逆に勤務薬剤師の頃よりも時間に余裕ができたという方もいるようです。

そして最後に、冒頭でもいったように、勤務薬剤師であれば複数の店舗に籍を置いて業務をする事ができますが、管理薬剤師は薬剤師としての兼業はできません
全くの別業務であれば問題無い場合もありますが、これは社内規定次第です。

■管理薬剤師に関するまとめ

●管理薬剤師の仕事は医薬品の管理、人の管理、設備・体制の管理
●薬剤師としての実務経験3年程度を求められることが多い
●管理薬剤師は薬剤師としての兼業はできない
●管理薬剤師の年収は600万円以上
●手っ取り早く管理薬剤師になるには転職が有利
●管理薬剤師になるとマネジメントや店舗運営に関する知識が身につく
●管理薬剤師になると市場価値が上がる

管理薬剤師の転職相談なら!転職HAKASEオススメ転職サイト3選

No.1

薬キャリ

大手志向・年収アップの相談ならここ!
まずは登録すべき業界最大手

No.2

マイナビ薬剤師

じっくり転職を考えたいならここ!
病院・企業転職もおまかせ!

No.3

ファルマスタッフ

日本調剤系転職サイト!
派遣も考えている人にもオススメ!

【この記事もオススメ】
▼[生涯年収で比較]調剤薬局薬剤師は驚きの2億2435万円!
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/lifetimewage.html
▼薬剤師で年収800万円を稼ぎ出す!7つの働き方
https://tenshoku-hakase.com/category/howto/800job.html

薬剤師転職サイト人気ランキングTOP3をご紹介!

薬キャリ

おすすめのポイント

  • 10万人が利用している圧倒的実績
  • 様々な働き方に合わせた求人提案が可能
  • 医療業界に精通しているので知識も豊富

医療業界に精通したエムスリーグループが運営しているため、大手だけでなく幅広い求人を網羅しているNo.1サービスです。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 11927件

マイナビ薬剤師

おすすめのポイント

  • 面談対策が好評!話に自信がない人必見!
  • 求人のプロが手厚いサポートをしてくれます
  • 企業求人が豊富!

求人業界ではお馴染のマイナビが運営する薬剤師転職サービス。求人のプロがしっかり書類や面接のアドバイスをしてくれます。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 41229件

ファルマスタッフ

おすすめのポイント

  • 日調に転職するなら絶対ここ!
  • ブランクありも安心の教育支援が受けられる
  • 豊富な全国拠点を持っているので相談しやすい!

調剤大手の日本調剤グループの運営する転職サービス。時給4000円以上など、高額時給求人が豊富!

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 71154件

ページの先頭へ