お役立ち

POSTED

公務員薬剤師の年収は低い?意外と知らない働き方・給与・メリット/デメリット

公務員薬剤師の年収は低い?意外と知らない働き方・給与・メリット/デメリット

「公務員」は安定した就職先として定評がありますよね。
比較的薬剤師業界は雇用が安定していますが、「リストラがない」「福利厚生が利用しやすい」など公務員ならではの特徴に魅力を感じる薬剤師も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな公務員薬剤師についてご紹介していきます。

[この記事で書かれていること]
●公務員薬剤師の種類は大きく分けて2種類ある
 ― 国家公務員薬剤師
 ― 地方公務員薬剤師
●公務員試験には「教養試験」「専門試験」「人物試験」の3つの関門がある
●公務員薬剤師の初任給は民間薬剤師よりも低い
●公務員薬剤師の退職手当は民間薬剤師よりも高い

1.公務員薬剤師の種類

国や地方の公の機関に所属し働く公務員は大きく国家公務員と地方公務員に分けることができ、それぞれ広辞苑で以下のように定義されています。

【国会公務員】国によって任命され国の公務に従事する職員。
【地方公務員】地方公共団体の公務に従事する職員。

ここでは国家公務員と地方公務員として働く薬剤師について詳しく紹介していきます。

2.国家公務員薬剤師

国家公務員薬剤師になるためには、国家1種ないし国家2種の国家試験に合格する必要があります。いわゆるエリートと呼ばれ、調剤業務や研究・開発ではなく、行政面から医療業界に関わります。ここでは、そのなかでも代表的なものをご紹介します。


●医薬・生活衛生局

かかりつけ薬剤師・薬局の推進から、医薬品・医療機器の承認審査など、薬事行政や審査業務を担う部署です。近年では、再生医療技術の進化に伴い、「再生医療等審査管理室」が創設されました。


●食品基準審査課

食品の安全性を確保するためには、 その食品がヒトの健康にどのようなリスクをもたらすか評価しなければなりません。食品基準審査課では、科学的な知見に基づき、添加物等の規格や基準を策定します。
薬剤師も食品の安全を担う一員として、リスク分析による食品安全行政に携わります。


●保険局医療課

保険局医療課は診療報酬や調剤報酬と関係が深い部署です。
保険局医療課の薬剤師は、診療報酬明細書 ・ 調剤報酬明細書の情報を活用し、 医療費の動向を分析。
そうして得られた統計結果は、 診療報酬 ・ 調剤報酬の改定、 医療費適正化計画などの基礎資料として活用されます。


●医政局経済課

医政局経済課の薬剤師は、医薬品の安定供給や、医薬品・医療機器の業界振興を担います。
ときには医薬品の医療保険上の価格を検討することも。企業が持続的に開発できる環境づくりと、医療費抑制の両方に配慮が求められる仕事です。


3.地方公務員薬剤師

地方公務員薬剤師になるには、地方公務員上級試験(薬学分野)に合格したうえで、都道府県や市町村といった地方自治体から採用される必要があります。


●県立病院等の公的医療機関

公務員薬剤師の働き方のなかで、最もイメージしやすい業種かと思います。県立・国立病院等の医療機関勤務は、基本的に通常の病院薬剤師と変わりません。
主な業務は調剤や注射剤製剤、入院患者の服薬管理など。
公立病院の多くは急性期病院かつ標榜している診療科も多いため、さまざまな病態の患者が訪れます。そのため、扱う薬剤の種類も多く、ジェネラリストとして薬剤師のキャリアを高めることが可能です。


●保健所

保健所で働く薬剤師の仕事内容は、配属先によって異なります。
代表的な働き方は、地域の調剤薬局やドラッグストアに対して、新規開設許可や、立入検査を行う薬事衛生です。
そのほか、部署によっては、公衆浴場、クリーニング店、理髪店などの管理指導や開設許可、監視指導を担当。また、飲食店や食品メーカーの食品衛生にかかわる調査、指導も業務範囲です。  


●衛生研究所

衛生研究所では、主に食中毒を引き起こす細菌や、新型インフルエンザ・ノロウイルスなどのウイルスについての研究や検査を行います。衛生研究所で得られたデータは地域の健康被害を未然に防ぐため保健所等に通知されます。  


4.麻薬取締官

麻薬取締官は、特別司法警察職員という待遇を与えられている国家公務員
業務内容は、「違法薬物に係る捜査」「医療麻薬の監督、指導」「中毒者の治療・相談・再乱用防止」「薬物乱用防止のための啓発活動」です。

ほかの薬剤師の働き方と一線を画すのは「違法薬物に係る捜査」。
麻薬取締官は違法薬物事件について逮捕権をもっているほか、拳銃や警棒の携帯と使用も認められています。  

5.公務員薬剤師になるには

5-1.公務員試験は3つの関門

公務員試験は「教養試験」「専門試験」「人物試験」の3つに大別されます。  

[教養試験]

教養試験は教養を問われる「一般知識分野」と、思考力・推理力を問う「一般知能分野」に分かれます。年度によって異なりますが、合格のボーダーラインはおよそ60%と言われています。  

[専門試験]

専門試験は職種によって試験が大きく異なり、専門試験が課されない場合もあります。
基本的には、政治学・行政学などを問う「行政系」、憲法・行政法などを問う「法律系」、ミクロ(もしくはマクロ)経済学・財政学などを問う「経済系」に分かれます。  

[人物試験]

人物試験とは、面接試験のこと。
公務員としての資質や性格を面接官が見極めます。20分程度で自己PRをしなければいけないので十分な準備が必要です。職種によっては教養試験や専門試験より配点が高いとも言われています。  

5-2.合格イコール採用ではない

教養、専門、人物試験の3つに合格すればすぐ公務員になれるわけではありません。

公務員試験に合格した人は、希望の職場の採用試験を受ける必要があります。しかし、基本的に各都道府県で5名程度と非常に狭き門となっています。
目指す公務員薬剤師の職種の採用枠は何名なのか、採用情報を逐一チェックする必要があるでしょう。  

6.公務員薬剤師の給与の仕組み

公務員薬剤師の給与については国家公務員関係法令(人事院規則九-二)のもと、「医療職棒給表(ニ)」に則り<級>と<号棒>の組み合わせによって決まります。
同じ級内で職務経験や勤続年数により号棒が上がり、それに応じて給与も上がっていくという仕組みです。

参考:[医療職俸給表(二)俸給表の適用範囲について]


第十三条 医療職俸給表(二)は、病院、療養所、診療所等の医療施設、刑務所、拘置所等の矯正施設、検疫所及び学校等に勤務する職員で次に掲げるものに適用する。ただし、教育職俸給表(二)の適用を受ける者を除く。

一 調剤に従事する薬剤師
二 栄養管理に従事する栄養士
三 診療放射線技師及び診療エツクス線技師
四 臨床検査技師、衛生検査技師その他の病理細菌技術職員
五 臨床工学技士
六 理学療法士その他の理学療法技術職員及び作業療法士その他の作業療法技術職員
七 視能訓練士その他の視能技術職員
七の二 言語聴覚士
八 義肢装具士
九 歯科衛生士及び歯科技工士
十 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師及び柔道整復師
十一 その他指令で指定する医療技術職員
(医療職俸給表(三)の適用範囲)

※国家公務員関係法令人事院規則九―二(俸給表の適用範囲)
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=332RJNJ09002000

参考:[医療職棒給表(ニ)]

※平成29年人事院勧告 医療職棒給表(ニ) https://www.jinji.go.jp/kankoku/h29/h29_top.htm


参考:[医療職の級別職務について]

●1級
1 栄養士の職務
2 診療放射線技師の職務
3 臨床検査技師の職務
4 理学療法士又は作業療法士の職務
5 歯科衛生士、歯科技工士又はあん摩マツサージ指圧師(以下「歯科衛生士等」という。)の職務
●2級
1 薬剤師の職務
2 困難な業務を行う栄養士、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士又は歯科衛生士等の職務
●3級
1 困難な業務を行う薬剤師の職務
2 医療機関の困難な業務を行う主任栄養士、主任診療放射線技師、主任臨床検査技師、主任理学療法士、主任作業療法士、主任歯科衛生士、主任歯科技工士又は主任あん摩マツサージ指圧師の職務
●4級
1 医療機関の薬剤部又は薬剤科(以下「薬局」という。)の相当困難な業務を行う主任薬剤師の職務
2 医療機関の相当困難な業務を行う栄養管理室長、診療放射線技師長、臨床検査技師長、理学療法士長又は作業療法士長の職務
3 医療機関の特に困難な業務を行う主任栄養士、主任診療放射線技師、主任臨床検査技師、主任理学療法士又は主任作業療法士の職務
●5級
1 薬局の長の職務
2 薬局の困難な業務を行う主任薬剤師の職務
3 医療機関の困難な業務を行う栄養管理室長、診療放射線技師長、臨床検査技師長、理学療法士長又は作業療法士長の職務
●6級
1 相当の規模を有する薬局の長の職務
2 医療機関の特に困難な業務を行う栄養管理室長、診療放射線技師長又は臨床検査技師長の職務
●7級
規模の大きい薬局の長の職務
●8級
特に規模の大きい薬局の長の職務


※人事院規則九―八(初任給、昇格、昇給等の基準)
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=344RJNJ09008000

7.公務員薬剤師の初任給はかなりの低水準

公務員薬剤師の初任給は「医療職2級15棒」に該当します。

従って2017年度の公務員薬剤師の初任給は20万7800円
これに地域手当や扶養手当・住宅手当、賞与などが加わり、総じて年収は300万円程度といったところです。 

民間薬剤師と初任給を比較すると最も低いと言われる病院薬剤師をも下回る金額のようです。


[公務員薬剤師と民間の薬剤師との初任給比較]

初任給
公務員薬剤師 207,800円
調剤薬局薬剤師 270,000円
ドラッグストア薬剤師 330,000円
病院薬剤師 230,000円

参考:
・人事院 「平成29年人事院勧告」https://www.jinji.go.jp/kyuuyo/index.htm
・就職情報サイト等に掲載されている一般的な例

年収300万円は、調剤薬局・ドラッグストアはもちろん、民間病院薬剤師と比較しても、かなり低い水準と言わざるを得ません。

8.公務員薬剤師は長く勤めるほど高待遇に

初任給は低水準である公務員薬剤師ですが、「定期昇給」がしっかりしているという大きなメリットがあります。
公務員薬剤師全体の平均年収は600万以上と言われており、勤務年数に応じた年収アップには期待できます。

下は公務員薬剤師と民間の薬剤師との平均月額給与を比較したものです。


[公務員薬剤師と民間の薬剤師との平均月額給与比較]

平均月給
地方公務員(薬剤師・医療技術職) 378,997円
民間薬剤師 388,300円

参照元:
総務省 「平成29年地方公務員給与実態調査」

また公務員は基本的に解雇されることがなく、退職金制度がほぼ確実に整備されている点も大きなメリットです。


[定年退職者の平均支給額(全職種・全国平均)]

平均退職手当
地方公務員 22,967,319円
国家公務員 21,678,000円
民間企業(大学卒平均) 19,410,000円

参照元:
・総務省 「平成29年地方公務員給与実態調査」
・内閣官房 「平成28年度 退職手当の支給状況」
・厚生労働省 「平成25年就労条件総合調査結果の概況」

9.公務員薬剤師のメリットは「安定性」&「生涯年収の高さ」

やはり「安定性」は公務員薬剤師の大きなメリットの一つ。

就職するまでが大変な代わりに、一度公務員薬剤師になってしまえば、まずリストラされることはありません
また、福利厚生も利用しやすい職場が多く、ワークライフバランスがとりやすいことも魅力でしょう。

また、前章で述べたように「生涯年収の高さ」です。
定期昇給がしっかりあるうえ、基本的にリストラもないので、勤務年数に応じて年収は右肩上がり

各種手当や退職金も完備されているため、生涯年収は他業種と比較しても高めの水準が約束されます。

10.公務員薬剤師のデメリットは「異動」&「スキルアップしにくい環境」

もちろん、公務員薬剤師にもデメリットはあります。

一つは「異動の多さ」
薬剤師に限らず公務員はおよそ3年周期で異動します。そのため、「仕事に慣れてきた」と思った頃に異動ということも珍しくありません。

また、「民間で通用する薬剤師としてのスキルが身につきにくい」という欠点もあります。
頻繁に部署異動をするので、スキルを成長させる機会が限られているのです。

公務員薬剤師は勤務年数に応じて待遇が良くなる代わりに、転職については民間薬剤師よりもハードルが高いと言えそうです。

11.まとめ:公務員薬剤師になるなら定年まで勤める覚悟を!

[公務員薬剤師まとめ]
●公務員薬剤師は「国家公務員薬剤師」「地方公務員薬剤師」「麻薬取締官」の3種類
●採用枠はかなり狭い。公務員試験を突破しても安心は禁物
●公務員薬剤師の初任給はかなり低水準だが、勤務年数を重ねるほど高待遇に
●公務員薬剤師のメリットは安定性と生涯年収の高さ
●公務員薬剤師のデメリットは異動の多さとスキルアップしにくい環境

これまで、公務員薬剤師の種類、働き方、メリット・デメリットをご説明してきました。

公務員薬剤師は、定年まで勤続する覚悟を決めているならば非常におすすめできる業種です。
しかし実際には、身近な人が公務員だったり、両親に強く勧められたりといった理由で公務薬剤師を目指す人も決して少なくありません。
そんな薬剤師のなかには、いざ働き始めてからギャップを感じてしまう人もいるようです。

もっと色んな仕事に携わりたいと思っても、公務員薬剤師は異動のタイミングが決まっていますし、除々に改善されてきているとはいえ年功序列が存在しているのが実態です。
ですから、自分の思い描くキャリアプランを実現させることが難しく、自分の意思で働く環境を変えるのも非常に困難です。

こうした背景から、公務員薬剤師から民間薬剤師へ転職を検討する層は一定数存在しており、毎年、紹介会社へ多くの相談が寄せられています。

前述のように、公務員薬剤師はスキルが評価されにくいという懸念はありますが、薬剤師の転職市場は「売り手市場」。
交渉次第で希望条件を満たせる可能性は低くないでしょう。

キャリアに迷っている場合は、まずは薬剤師専門の紹介会社に相談してみることをおすすめします。
また、公務員薬剤師に憧れているけれど、自分のキャリアデザインが明確に定まっていないという方も、紹介会社にキャリア相談をしてみると良いでしょう。

特に下記の3社は公務員薬剤師から民間薬剤師への転職についても多数の実績があるので、過去の事例などを参考にアドバイスを受けることができます。

しっかり自分のキャリアを検討したうえで、公務員薬剤師を目指してください!  

【関連記事】
▼調剤薬局VSドラッグストア業界動向まとめ
https://tenshoku-hakase.com/category/work/vs.html
▼[2018年最新版]都道府県別-薬剤師年収ランキング|最高額は山形県652万円
https://tenshoku-hakase.com/category/news/ranking2018.html

公務員薬剤師のキャリア相談転職なら!
転職HAKASEオススメ転職サイト3選

No.1

薬キャリ

大手志向・年収アップの相談ならここ!
まずは登録すべき業界最大手

No.2

マイナビ薬剤師

じっくり転職を考えたいならここ!
病院・企業転職もおまかせ!

No.3

ファルマスタッフ

日本調剤系転職サイト!
派遣も考えている人にもオススメ!

薬剤師転職サイト人気ランキングTOP3をご紹介!

薬キャリ

おすすめのポイント

  • 10万人が利用している圧倒的実績
  • 様々な働き方に合わせた求人提案が可能
  • 医療業界に精通しているので知識も豊富

医療業界に精通したエムスリーグループが運営しているため、大手だけでなく幅広い求人を網羅しているNo.1サービスです。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 11927件

マイナビ薬剤師

おすすめのポイント

  • 面談対策が好評!話に自信がない人必見!
  • 求人のプロが手厚いサポートをしてくれます
  • 企業求人が豊富!

求人業界ではお馴染のマイナビが運営する薬剤師転職サービス。求人のプロがしっかり書類や面接のアドバイスをしてくれます。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 41229件

ファルマスタッフ

おすすめのポイント

  • 日調に転職するなら絶対ここ!
  • ブランクありも安心の教育支援が受けられる
  • 豊富な全国拠点を持っているので相談しやすい!

調剤大手の日本調剤グループの運営する転職サービス。時給4000円以上など、高額時給求人が豊富!

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 71154件

ページの先頭へ