お役立ち

POSTED

薬剤師で年収1000万を狙える職場はココ!!確実に年収アップさせる方法

薬剤師で年収1000万を狙える職場はココ!!確実に年収アップさせる方法

年収1000万を狙うなら
おすすめ転職サイト3選

一般的には高年収と言われている薬剤師の年収。
とはいえ、生涯薬剤師として働いていく上でできるかぎり年収をあげていきたいと考えるのは当然のことです。
転職HAKASEの元にも「薬剤師で年収1000万円を超えることはできますか?」と相談に来られるかたもしばしばおられます。

答えから言うと、薬剤師で年収1000万円は可能です。
ではどうすれば確実に年収をあげることができるでしょうか。

ここでは薬剤師の年収をあげるその方法を今回は詳しく紹介していきます。
年収アップのバイブルとして必読の保存版です!


まずは薬剤師の業種別平均年収データから薬剤師の年収の実状を把握していきましょう。

1:薬剤師の年収実態―調剤薬局・病院・ドラッグストア・製薬会社

[1]調剤薬局で働く薬剤師の平均年収

中央社会保険医療協議会の調査データから「調剤薬局で働く」管理薬剤師および勤務薬剤師の年収額を抜き出したものです。 いずれも平均給料額と賞与額を足したものを年収金額として提示しており、それぞれ1店舗〜20店舗以上まで、店舗数ごとの金額を算出してあります。


[店舗規模別 管理薬剤師の年収]

管理薬剤師 給料額(A) 賞与額(B) 年収金額(A)+(B)
全体平均 ¥6,858,125 ¥808,671 ¥7,666,796
1店舗 ¥9,602,995 ¥475,652 ¥10,078,547
2~5店舗 ¥7,989,833 ¥516,517 ¥8,506,350
6~19店舗 ¥6,347,968 ¥852,900 ¥7,200,868
20店舗以上 ¥5,444,494 ¥1,200,067 ¥6,644,561

[店舗規模別 勤務薬剤師の年収]

薬剤師 給料額(A) 賞与額(B) 年収金額(A)+(B)
全体平均 ¥4,401,174 ¥614,577 ¥5,015,751
1店舗 ¥4,412,737 ¥417,919 ¥4,830,656
2~5店舗 ¥4,832,376 ¥491,901 ¥5,324,277
6~19店舗 ¥4,323,626 ¥518,031 ¥4,841,657
20店舗以上 ¥4,022,390 ¥791,049 ¥4,813,439

参照: 平成29年実施 第21回医療経済実態調査医療機関等調査(中央社会保険医療協議会)

さて、それではデータを具体的に見ていきましょう。

まず全体平均年収は、管理薬剤師で年収767万円薬剤師で502万円となっており、その差は実に265万円に上ります。

しかし一方で店舗数の少ない調剤薬局の場合、経営者=管理薬剤師というケースが多いという側面もあります。
実際、1店舗の管理薬剤師の年収は、他を圧倒する1008万円
経営者と管理薬剤師を兼務している場合は通常の管理薬剤師よりも当然年収は高めに出てくるため、このような破格の結果になっていることが推測されます。

また個人薬局の場合その多くが、家族経営での薬局運営です。
家族経営の場合、勤務薬剤師は経営者の妻や子供の場合が多く、勤務薬剤師の年収を抑えてバランスを取るのが一般的です。
1店舗規模の薬局の勤務薬剤師の年収が他と比べてかなり低い理由としてはこういった背景があると推測されます。

店舗が増えるに従って低くなる管理薬剤師の年収額と、逆に店舗数が多いほうが高くなる勤務薬剤師の年収額には、このような事情があるというわけです。

[ポイント]
薬局勤務で高年収を目指すなら、大手チェーンよりも店舗数少なめ薬局で
<管理薬剤師>のポジションが狙い!1000万円超えも現実的!!


[参考情報]大手調剤薬局の年収額

参考までに、大手企業各社の薬剤師の年収額を比較してみましょう。


[調剤薬局大手4社の年収・平均年齢]

年収 平均年齢
株式会社アインホールディングス 616万円 39.0歳
日本調剤株式会社 557万円 34.4歳
クオール株式会社 472万円 34.7歳
日本メディカル株式会社 450万円 36.0歳

参照:各社企業情報から抜粋

[2]病院・診療所で働く薬剤師の平均年収

次に病院および診療所で働く薬剤師の平均年収金額です。
まずは病院全体と診療所全体を比較したデータを見てみましょう。

[病院および診療所の年収]

給料額(A) 賞与額(B) 年収金額(A)+(B)
病院 ¥4,513,703 ¥1,143,718 ¥5,657,421
診療所 ¥8,028,152 ¥869,659 ¥8,897,811

参照: 平成29年実施 第21回医療経済実態調査医療機関等調査(中央社会保険医療協議会)

まず、診療所の年収は病院年収を300万円以上上回ることがわかります。

賞与では病院114万に対して診療所87万と、病院の方が多いものの、ベースとなる年収金額が病院451万に対して診療所802万と圧倒的に診療所のベース年収が高い為、合計すると病院566万、一方の診療所888万と圧倒的に診療所の方が高い結果となるわけです。
もともと、調剤薬局、ドラッグストアと比較して病院の年収は低めですが、医療の現場で直接患者様と接しながらも、高年収も望みたいという方はクリニック勤務がお勧めです。

[ポイント]
病院と診療所では診療所が圧倒的に高年収!
臨床の現場で高年収を目指すなら<クリニック勤務>を狙え!


さらに診療所の中でも入院診療のあり、なしでこんなにも年収の違いがあることが分かります。

[診療所年収(入院あり/なし)]

診療所 給料額(A) 賞与額(B) 年収金額(A)+(B)
入院診療収益あり ¥9,520,154 ¥333,000 ¥10,444,404
入院診療収益なし ¥7,511,068 ¥850,740 ¥8,361,808

参照: 平成29年実施 第21回医療経済実態調査医療機関等調査(中央社会保険医療協議会)

「入院診療収益あり」の年収が1000万円超えなのに対し「なし」は年収836万円と、実に200万円以上もの格差があります。
入院診療収益がない場合であっても、病院と比較すると高年収ではあるものの、入院診療のある診療所の年収の高さには驚きですね。
夜診当直等の可能性もありますが、高年収を狙うならピンポイントで狙うのもアリかも知れません。

事項ではドラッグストア勤務の薬剤師の年収事情を探っていきましょう。

[ポイント]
入院診療収益ありの診療所の平均年収は1000万オーバー!
<入院診療ありのクリニック勤務>は高年収の可能性アリ!

[3]ドラッグストアで働く薬剤師の平均年収

まずは大手ドラッグストアの平均年収額から見てみましょう。

[ドラッグストア大手5社の年収・平均年齢]

年収 平均年齢
ウエルシア薬局株式会社 831万円 56.0歳
株式会社ツルハホールディングス 636万円 44.1歳
株式会社マツモトキヨシ 734万円 45.3歳
株式会社カワチ薬品 529万円 33.8歳
株式会社スギ薬局 693万円 38.8歳

参照:各社企業情報から抜粋

調剤薬局業界と比較すると、企業ごとの差が大きいことがわかります。
こちらで取り上げた5社の中では、ウエルシア薬局が群を抜いて高く年収831万円カワチ薬品の年収529万円と比べると300万円以上の差がありました。
一方で、平均年齢で比較すると、年収の高いウエルシア薬局は平均年齢56歳、カワチ薬品は33.8歳と、20歳以上の差が。
年齢と年収の相関関係が見て取れる結果です。

一方、転職サイトに公に公開されている年収データを比較したものが下図になります。
転職サイトに掲載される給与額は基本的に「入社時」のものかつ、役職が付いているものは少ない為、上記の平均額より低くなります。
※役職がついたり、通常よりも年収が高い求人は一般的には「非公開求人」として扱われ、公に公開されることはありません

[ドラッグストア大手5社の求人提示年収]

ドラッグストア 年収
ウエルシア薬局株式会社 517万円~650万円
株式会社ツルハホールディングス 430万円~700万円
株式会社マツモトキヨシ 460万円~700万円
株式会社カワチ薬品 470万円~529万円
株式会社スギ薬局 450万円~600万円

参照:各社求人情報から抜粋


[3]ではドラッグストア薬剤師の年収を紹介しまいた。最後の[4]では、製薬会社の年収額について紹介していきます。

[ポイント]
ドラッグストアは企業毎で大きく年収が異なるものの、大手チェーンの平均年収は 最低でも530万円。役職がつけば大幅アップも期待できる!

[4]製薬会社で働く薬剤師の平均年収

ここまで調剤薬局、病院・診療所、ドラッグストアについて見てきましたが、最後に製薬会社の年収額について確認していきましょう。

[製薬会社大手5社の年収・平均年齢]

年収 平均年齢
武田薬品工業 1,015万円 40.4歳
アステラス製薬 1,073万円 42.6歳
大塚ホールディングス 1,078万円 44.5歳
第一三共 1,133万円 43.4歳
エーザイ 1,038万円 44.3歳


参照:各社企業情報から抜粋

製薬会社は薬剤師資格がなくても勤務できる職種が多くあります。
上の年収データについても薬剤師単体の年収額ではありませんが、調剤薬局、病院・診療所、ドラッグストア業界と比較しても図抜けて高年収であることがわかります。
大手各社の平均年収は1000万円を越えており、また、平均年齢も40代前半と若いです。
職種や学歴によって差はあるにしろ、年収額という観点で見れば非常に魅力的な業界だといえます。

[ポイント]
製薬会社大手5社は軒並み1000万円超!!
薬剤師としてだけではなく、企画力、マネジマント力等も求められる一方、上がり幅は大きい!

2:薬剤師が年収をあげるための手段 ― 現職でできること

さて、ここまでは各業界の具体的な年収額について紹介してきました。
同じ薬剤師でも、働く業界や企業によって大きな差があることがわかったかと思います。
ここからは、いよいよ今回のテーマである年収アップの方法について解説をしていきます。

年収をあげる方法として、転職をせず現職でできる方法と、転職で実現する方法の大きく2つに分けられます。
<現職でできること>はこの4つです。
[1]給与交渉
[2]残業を増やす
[3]休日出勤
[4]ダブルワーク
そして <転職で実現できること>はこの5つです。
[1]管理職ポジションにつく
[2]ラウンド勤務薬剤師になる
[3]全国転勤ありの職場で働く
[4]離島や僻地への転勤<
[その他]独立開業

[1]給与交渉

最も正攻法と言えるのは、自分で年収UPの交渉をすることです。
なんだ、そんなことかと思われた方、ここからがポイントです。
交渉の際には必ず武器をもっていきましょう。
武器とは『交渉材料』のことです。間違っても裸で戦場に向かってはいけません。
例えば、

 ●売上に貢献したことが数字として表されたもの
 ●職場環境や業務改善に貢献したことがわかるもの
 ●研修認定薬剤師や専門薬剤師などの資格取得

など、「この人なら年収UPするのが当然だ」と思わせるような材料を用意するようにしましょう。データで表せる物があればなお良いでしょう。
逆に言えば、自分の頑張りが大きな成果に繋がったとアピールし易いタイミングこそが、交渉に最も適したタイミングなんです。
いずれにせよ、交渉の場で年収UPの「具体的な根拠」を提示できるかどうかがキーと言えそうです。

[2]残業を増やす

交渉する材料がない、職場での実績が不十分、という方は、残業代で年収UPを図る方法。
こちらは勤務した分が確実に給与になるため、非常に確実な方法と言えます。
薬剤師業界に限らず、一般的に長時間の残業は忌避される傾向にありますから、われこそはと手を上げ積極的に残業するようにすれば、年収額がUPするだけでなく「職場に貢献している」と評価が高まることもあり得ます。

もちろん、あなたが残業したいと言っても、あまり忙しくない現場では希望が通らないケースもあるでしょう。もし今の職場での残業が難しそうであれば、思い切って残業できる別の職場に転職するのも手です。

[3]休日出勤

土曜日曜祝日など、他の薬剤師さんが出勤を嫌がる曜日に積極的に出勤することで、上司の印象をUPさせ、それを年収UPの交渉材料にしていく方法です。
シフトの薄くなりがちな時間帯に嫌な顔ひとつせず出勤してくれる薬剤師は、経営側からすると非常に貴重な存在です。
逆に言えば、その人に辞められてしまうとシフトが回らなくなる危険性があるため、要望や交渉を無下にするわけにはいかなくなる、ということです。

曜日だけでなく時間についても同様の事がいえます。他の薬剤師が働きたがらない時間にすすんで出勤することで、その職場のあなたに対する依存度は自然と高まっていくことでしょう。

[4]ダブルワーク

これまでの方法が大なり小なり第三者との関わりが必要だったのに対し、ダブルワークは薬剤師個人で様々な調節ができるのが利点です。
「月曜から金曜までフルタイムで勤務し、土日は派遣薬剤師として活躍する」
「残業なしで退勤し、その後の夜の時間は時給の高い飲食・接客業でパート勤務」
など、自分のライフスタイルに応じて働き方を決めていくことができます。

長く正社員で勤務していた薬剤師が、「年収を時給換算したら派遣の方が得だった」「残業も夜勤もゼロで、かつ給与もそう変わらないなら派遣の方がいい」と、派遣薬剤師にキャリアチェンジしたという話もあります。

ただし、薬剤師のダブルワークを嫌う職場も多いですし、もし内緒でしていてバレてしまった場合に、何かしらの賠償請求をされる可能性もゼロではありません
正社員でダブルワークをする場合は、現在の職場の就業規則がどうなっているかをきちんと確認するようにしましょう。

3:薬剤師が年収をあげるための手段 ― 転職で叶える

ここまでは、現在勤務している職場で対応可能な方法を紹介してきました。
ここからは転職によって年収UPを実現する方法を考えていきます。
うまくいけば、現在の職場で数年間かかっても実現できないような額のUPが、一度の転職で実現できる可能性もあります。

[1]管理職ポジションにつく

現在の職場で相応の実績があれば、転職を機に管理職ポジションを狙うこともできます。管理薬剤師、薬局長、エリア統括マネージャー候補など、薬剤師をまとめるポジションで勤務することで、数十万円から数百万円もの年収UPが実現できるでしょう。
求人の緊急度が高い場合、前職での実績がそこまで高くなくても採用されるケースがあり、非常に狙い目です。
紹介会社のコンサルタントなどと密に連絡を取り、よさそうな案件が出てきたらすぐに動けるようにしておくとよいでしょう。

[2]ラウンド勤務薬剤師になる

いろいろな職場で勤務するラウンド薬剤師は、一般の薬剤師に比べ年収が高い傾向にあります。
すぐに職場が変わるため現場の人間と関係が作りづらい、異動が多く体力的に辛くなりがち、などのデメリットはありますが、むしろそれをメリットに感じる方も多い様子。ドライな人間関係を求める方、同じ職場ばかりでは飽きてしまうという方は、ラウンド薬剤師が合っているかもしれません。 様々な職場のやり方を間近で体験することで、薬剤師としての視野が広くなるという利点もあります。

[3]全国転勤ありの職場で働く

ラウンド薬剤師同様、転勤もまたデメリットと感じる方が多いものです。
全国に支店を持つ大手調剤薬局などでは、「全国転勤OK」という条件で入社することで年収が数十万円高くなる、ということもあるようです。
特に最近ではワーク・ライフ・バランスやプライベート重視といった観点で仕事が語られることも増え、転勤をいとわないスタッフは非常に重宝される傾向にあります。
この方法を取る場合、当然狙うのは大手企業です。

[4]離島や僻地への転勤

全国転勤以上にハードルは高いですが、離島や僻地への転勤ができる方は、それだけで年収UPの可能性が出てきます。
離島の一人薬剤師、といった、応募自体がなかなか見込めない案件を敢えて狙うことで、大幅な年収UPが可能になります。
かなりのレア求人になりますので、転職したいと思った時にすぐに出会える可能性は極めて低いです。
ですので、予め紹介会社に登録し、コンサルタントにそういった条件の求人が出た場合は連絡を貰えるように準備をしておくことが重要です。

[その他]独立開業

最後に、転職ではないですが「独立開業」するという方法。
薬剤師としての知識だけでなく経営に関するノウハウも必要ですが、独立して自分の薬局を持てば、基本的に年収は大幅にUPします。もちろん経営的に失敗すれば、数年間で閉局、というようなこともあり得ます。
ハイリスク・ハイリターンの方法ではありますが、大幅な年収UPを狙うのであれば一度検討してみてもよいかもしれません。独立支援制度のある企業に転職すれば、開業までスムーズにこぎつけられるというパターンもあります。

4:売り手市場から買い手市場へ 薬剤師の高年収は維持できるのか?

長らく続いた薬剤師不足による売り手市場の影響と国策により、これまで薬剤師の年収水準は非常に高いものでした。
しかしついに薬剤師数も30万人を突破した今、今度は薬剤師過多による買い手市場へと徐々に変化しつつあります。当然ながらこれまでのような高年収の維持は難しい状況です。
特に人口の多い都市部ではその傾向が顕著で、年収格差が生まれやすい状態となりつつあります。
かかりつけ薬局・薬剤師制度の導入、地域医療の充実や在宅医療の取り組みが重視される中、より専門的な分野での活躍が期待できる薬剤師や、コミュニケーションスキルに長けた薬剤師でなければ生き残るのが難しい時代になったということは明らかです。

参照:「平成21年~平成28年賃金構造基本統計調査 」(厚生労働省)を加工して作成

5:紹介会社を使うと年収20万円UP!賢く年収を上げる方法のまとめ

さて、ここまで様々な年収UPの方法を見てきました。
最後にもう一度年収アップの方法をまとめてみましょう。

[薬剤師が賢く年収をあげる方法まとめ]

▽現職でできること
● 自分に有利な実績が作れたタイミングで"給与交渉"を行う
● 残業や休日出勤を嫌がらずに引き受け、職場での貢献度と収入増を狙う
● 兼業可能な場合は積極的にダブルワークを行う

▽転職で実現できること
● 紹介会社を利用し、非公開求人の"管理職ポジション"を探す
    ― 調剤薬局であれば小規模薬局の「管理薬剤師」求人
    ― ドラッグストアであれば大手の「管理職ポジション」の狙いやすい求人
    ― 病院であれば「入院診療ありのクリニック」求人
    ― 企業であれば「マネジメント経験を活かせる」管理職求人
● 人気の低い全国転勤や複数店舗掛け持ちのラウンド勤務薬剤師
● 離島や僻地で働く薬剤師
● 勇気を出して独立開業


もしもあなたがスピーディに年収UPを実現したい場合は「紹介会社を使った転職」で年収アップする方法を選ぶことをお勧めします。
所属している組織が大きくなってくると、「上が詰まっているから出世が難い」、「評価制度がないから実績を認めてもらえない」など解決し難い問題も出てきます。
現職でそれらの問題を解決した上で年収アップを狙おうと思うと、それなりの準備と時間がかかることでしょう。
また権力争いやその他の人間関係等様々な弊害に立ち向かう必要もあるかもしれません...。

だからこそ、多くの薬剤師が転職をきっかけに年収アップをしてきているんです。

そして、下のデータをご覧下さい。
薬剤師の平均年収紹介会社を経由して転職した薬剤師の平均年収を比較したものです。
ご覧の通り、紹介経由の方が20万円以上年収が高いことがわかります。

全体 20代 30代 40代 50代
薬剤師の平均年収 493万円 385万円 495万円 531万円 621万円
人材紹介会社経由平均年収 522万円 468万円 523万円 563万円 565万円

>参考データ:厚生労働省 平成24年度賃金構造基本統計調査
人材紹介会社経由平均年収は転職HAKASE独自調査による集計


なぜ紹介会社を通じた転職のほうが高い年収を実現できるのか。
それは、紹介会社が膨大な求人データを持っているからです。
また、年収の交渉についても、プロの交渉スキルを持つ紹介会社のコンサルタントが行うので、成果が出やすいのです。

短期間で大幅な年収UPを目指すなら、人材紹介会社を通じて転職するのが一番の近道です!

【薬剤師の年収関連記事】
▼【2017年最新版】都道府県別-薬剤師年収ランキング
https://tenshoku-hakase.com/category/news/hakase_2017.html
▼東京都で働く薬剤師さんのリアルな業種別年収
https://tenshoku-hakase.com/category/story/post.html
▼大阪府で働く薬剤師さんのリアルな業種別年収
https://tenshoku-hakase.com/category/story/post_1.html
▼福岡県で働く薬剤師さんのリアルな業種別年収
https://tenshoku-hakase.com/category/story/post_10.html

年収1000万を狙うなら
おすすめ転職サイト3選

薬剤師転職サイト人気ランキングTOP3をご紹介!

薬キャリ

おすすめのポイント

  • 10万人が利用している圧倒的実績
  • 様々な働き方に合わせた求人提案が可能
  • 医療業界に精通しているので知識も豊富

医療業界に精通したエムスリーグループが運営しているため、大手だけでなく幅広い求人を網羅しているNo.1サービスです。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 11927件

マイナビ薬剤師

おすすめのポイント

  • 面談対策が好評!話に自信がない人必見!
  • 求人のプロが手厚いサポートをしてくれます
  • 企業求人が豊富!

求人業界ではお馴染のマイナビが運営する薬剤師転職サービス。求人のプロがしっかり書類や面接のアドバイスをしてくれます。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 41229件

ファルマスタッフ

おすすめのポイント

  • 日調に転職するなら絶対ここ!
  • ブランクありも安心の教育支援が受けられる
  • 豊富な全国拠点を持っているので相談しやすい!

調剤大手の日本調剤グループの運営する転職サービス。時給4000円以上など、高額時給求人が豊富!

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 71154件

ページの先頭へ