お役立ち

POSTED

「アインファーマシーズ」ってどう?業界No.1企業の評判や年収を徹底リサーチ

「アインファーマシーズ」ってどう?業界No.1企業の評判や年収を徹底リサーチ

アイン薬局を運営する株式会社アインファーマシーズ。

親会社となる株式会社アインホールディングスはアインファーマシーズを含め89社もの関連会社を傘下に持つ、薬局、ドラッグストア関連事業の最大手です。
調剤薬局業界第1位の売上を誇るナンバーワン企業です。

株式会社アインホールディングスは、北海道札幌市に本社を置き、調剤薬局の経営フランチャイズ事業を行う「医薬事業」、医療に関する「コンサルティング業」、医師・薬剤師専門の「人材紹介業」、「ジェネリック医薬品の販売業」、「ドラッグストア経営」、「化粧品販売」等様々な事業を展開しています。

社名につく「Ain」には、ドイツ語で「1」を表す「Ein(アイン)」と、「AからZまで」つまり、予防から医療までのトータルヘルスケアサービスを目指すという意味がこめられています。

今回はアイン薬局を運営するアインファーマシーズについて理解を深めるため、様々な角度からリサーチした結果をまとめました。
転職を検討している薬剤師にとっては必見です!

[この記事で書かれていること]
●アインファーマシーズってどんな会社?
●アインファーマシーズの<教育研修制度>は?
●アインファーマシーズの<キャリアステップ>について
●アインファーマシーズの<年収事情>
●アインファーマシーズでの<ワーク・ライフ・バランス>女性の働きやすさ
●アインファーマシーズについての<評判>


それでは早速みていきましょう。

1. アインファーマシーズってどんな会社?

株式会社アインファーマシーズは株式会社アインホールディングスの100%持ち株子会社にあたります。
アイングループの歴史を辿っていくと、もともとは受託臨床会社を前身に持つ会社であったことがわかります。その後ドラッグストア事業を開始。
現在主軸となっている調剤薬局事業は
1993年の北海道旭川市の「第一薬局」開局を皮切りに、医薬分業の追い風を受けて飛躍的に売上を伸ばしてきました。
現在では調剤薬局市場での売上高2218億100万円で業界第1位
安定した財務体質が故にM&Aを積極的に進めることができ、店舗数はついに1000店舗を超えました。(※2017年4月期)

ドラッグストア事業では苦戦を強いられながらも、2008年のセブン&アイホールディングスとのと資本・業務提携や、 2015年の資生堂傘下にあるアユーララボラトリーズの子会社化、新しい形態での店舗出店等、積極的な事業展開により着実に売り上げを伸ばしています。

また、組織体制としては独自の薬剤師研修制度、マニュアルおよび調剤システムの開発・実用化に成功し、 調剤過誤の防止や業務効率化を進めるとともに個々の薬剤師のレベルアップに取り組んでいます。

2. アインファーマシーズの企業情報

■設立 : 1969年8月
■本社所在地 : 北海道
■URL : https://www.ainj.co.jp/
■売上高 : 2218億円(2017年4月期)
■店舗数 : 1066店舗
■従業員数 : 6469名

※参照 アイングループ 業績・財務サマリーより
https://www.ainj.co.jp/ir/finance/summary.html

3. アインファーマシーズの事業内容

アインホールディングスの主軸事業は[ファーマシー事業]と、[ドラッグストア事業]です。

[ファーマシー事業]

●M&Aで全国1066店舗!圧倒的店舗数
ファーマシー事業では「アイン薬局」を中心に全国1000店舗を超える処方箋薬局を出店しています。
新規開局のほかに目立つのは積極的なM&Aによる出店です。
特に大きかったのは2016年の「葵調剤」の買収。当時、全国に115店舗を展開していた「葵調剤」をM&Aにより買収することで、大幅に店舗数を増やすこととなり、ついに1000店舗を突破しました。
さらに2020年までに2000店舗までに増やす方針のようです。
ここまで大規模なM&Aを繰り返すことができるのは圧倒的な財務基盤があってこそ。
企業の安定性を図る大きな軸になりそうですね。

●かかりつけ薬局としての取り組み
電子お薬手帳アプリの開発、残薬管理、セルフメディケーションへの取り組み、24時間開局等、地域に根ざしたかかりつけ薬局としての機能の充実をはかっています。

●在宅医療への取り組み
在宅医療において特に薬剤師業務の必要性が高い高齢化率の高い地域で、在宅医療のモデル薬局の構築をすすめています。
地域の医師やケアマネージャーと連携し訪問薬剤師管理指導の可能な薬局を全国へ広げていく取り組みです。
現在では全体の約8割の店舗で在宅への取り組みが行われています。

●ジェネリック医薬品への取り組み
ジェネリック医薬品専門卸の物流システムにより全国にジェネリック医薬品の供給を行える体制が整っています。

[ドラッグストア事業]

ドラッグストア事業では、女性目線での商品・店舗開発に力を入れ、新しい形のドラッグストア「アインズ&トルペ」を積極的に出店・展開しています。
オリジナルブランド「リップス&ヒップス」「ココデシカ」などの展開、元資生堂の赤字ブランドの「AYURA(アユーラ)」を小会社化しブランド再建を進めるなど、利益率の高いオリジナルブランドの開発・販売促進にも力を入れています。

ドラッグストア事業のセグメント売上としてはアインホールディングス全体の約1割程度の規模感ではあるものの、時代に合った戦略で女性の心を掴み堅調に売上を伸ばしています。

●アインズ&トルペ
https://ainz-tulpe.jp/


●AYURA
https://www.ayura.co.jp/


4. アインファーマシーズの<教育・研修システム>について

社員第一主義(社員ファースト)の姿勢を貫くアイングループの教育システムは、入社1年目の新入社員向けの[ベーシック教育]から始まり、2年目以降の[スペシャリスト教育][リーダーシップ教育]へと、 段階的にキャリアを進めていける仕組みが導入されています。
自身のキャリアアップのためだけではなく、リーダー・マネージャーとして後進のキャリア形成のサポートができるよう指導者向けの研修の受講が義務付けられる等、徹底した社員育成スキームが整っているのが特徴です。

[新入社員研修]

●社会人研修
入社後すぐに行われる基本的なビジネスマナーや医療人としての心構えを学ぶ研修です。

●薬剤師研修
社会人研修後、薬局配属前に行われる薬剤師としての基礎的な知識と技術を確認する研修です。

●OJT研修
薬局配属後に各薬局において現場の専属教育担当がついて行われるOJT研修です。
患者様への対応や地域における薬剤師の役割等、実践を通して学んでいきます。

●フォローアップ研修
入社後5年間続く研修です。
基礎的な服薬指導や監査スキルの確認から始まり、後輩指導の為の知識、技術、コミュニケーションスキルの習得、薬局長や管理薬剤師に向けてのリーダーシップやマネジメントスキルを習得していきます。

[リーダーシップ教育]

●OJTトレーナー研修
OJTトレーナーとして後輩指導に必要な知識、コミュニケーションスキル等を身に付ける為の研修です。
●新任薬局長研修
薬局長として必要な経営、店舗管理の知識や、人材マネジメントに関する知識を身につける為の研修です。

[スペシャリスト教育]

●資格取得サポート
研修認定薬剤師、実務実習指導薬剤師、がん専門薬剤師、外来がん治療認定薬剤師、認知症研修認定薬剤師 等の資格取得のサポートを行っています。

●高度薬学管理
実践に即した教育プログラムを用意しています。
例)
・北海道大学×カレスサッポロ×アインの3社共同による高度医療シミュレーション研修
・藤田保健衛生大学病院×アインによるがん背門薬剤師の育成研修

[その他の研修サポート]

●海外研修
入社5年目以降の社員に向け、海外の医療機関での視察研修です。2016年度はアメリカのロサンゼルスで様々な医療機関を訪問し、アメリカでの薬局・薬剤師の位置付けや保険制度について学びました。

●スタッフマニュアル「STAFFWORKS A to Z」
調剤業務のほか、患者様とのコミュニケーション、クレーム対応、災害時対応方法等を学ぶ為のスタッフマニュアルを社内ネットワークで共有し、閲覧が可能です。

●学会への参加
研究成果を日本薬剤師会学術大会、日本薬局学会、日本医療薬学会、日本医薬品情報学会等で発表しています。

5. アインファーマシーズの<キャリアステップ>

大手ならではの豊富なキャリアパスが用意されています。
医療従事者として現場で患者様、お客様と触れ合いたいという方は調剤薬局やその他店舗勤務からキャリアを積み上げていく方法が。
バックオフィスから施設や店舗開発を行ったり、経営企画・人事部門等の管理業務に携わってキャリアを形成していく方法があります。

◇現場志望の方
専門薬剤師、学術薬剤師、在宅薬剤師、管理薬剤師、在宅医療部、安全対策室、薬局長、エリア長、ブロック長 など

◇バックオフィス志望の方
施設開発、運営研修部、店舗開発、経営企画室、人事部 など

6. アインファーマシーズの<年収・給与>

[平均年収]

アイングループの社員の平均年収は616万円でした。
全国の薬剤師の平均年収が515万なので平均年収を100万円以上も上回る驚きの高年収です。

※参照
・アイングループの社員平均年収は平成29年 有価証券報告書より
https://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=2565757
・全国の薬剤師平均年収は平成28年賃金構造基本統計調査を元に集計

それでは次にアイン薬局の求人情報を見てみましょう。
アイン薬局では、正社員、契約社員、パート・アルバイト等の働き方が用意されています。

例)[正社員の雇用条件]

・給与:年収370万円~600万円程度(24歳~45歳モデル)
・賞与:年2回(7月、12月)
・昇給:年1回(4月)
・手当:通勤手当 地域手当 住宅手当 残業手当 調整手当 役職手当(管理薬剤師手当、ブロック長手当) 赴任手当 出張手当 その他手当(年始特別手当) ※復職制度あり(5年間以内有効)/育児短時間勤務制度(子供が小学校就学まで、1日2時間時間短縮可能)/育児休暇延長制度あり(最大1年半可能)/契約保養所あり/契約Jリーグチケット無料配布有/ディズニーリゾート優待/スポーツジム優待/認定薬剤師補助/社内奨学金制度(入学金・授業料の80%会社負担)/海外研修/COCO塾(英会話)補助
・休日/休暇:週休2日制 日曜日 祝日 年末年始休暇 夏季休暇 有給休暇 慶弔休暇 出産・育児休暇 介護休暇 リフレッシュ休暇 その他休暇
・福利厚生:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険 財形貯蓄、退職金、確定拠出年金401k、社員持株会制度、資格取得(自己啓発)奨励金制度、ストックオプション、慶弔見舞金制度、育児休暇制度、介護休職制度、資金貸付制度、奨学金制度、駐車場、その他制度
・応募資格 薬剤師免許をお持ちの方 ※調剤未経験も可 ※参考 マイナビ薬剤師より(2018年2月時点)

7. アインファーマシーズの<ワーク・ライフ・バランス>

まずはアインファーマシーズの福利厚生をみてみましょう。

[アイングループの福利厚生]

●子育て支援(産前産後休暇・育児休業・育児短時間勤務制度)
●休暇(連続休暇制度・結婚休暇・契約保養所)
●暮らし(借上社宅制度・引越支援金・帰省旅費・帰省休暇・社員割引販売・スポーツジム優待・インフルエンザ予防接種補助・財形貯蓄制度)
●働き方(選べる勤務地・白衣貸与・従業員持株会・永年勤続表彰・退職金制度・復職制度)

※参考 アイングループ新卒採用HPより
https://www.ainj.co.jp/special/support/

流石の大手企業とも言える充実した福利厚生制度ですね。
実際にアイン薬局では多くの女性薬剤師、ママ薬剤師が勤務しており、産休・育休の取得や、育児短時間勤務で仕事を続けるのが一般的になっているようです。
制度として「復職制度」が導入されており、「復職適用申請書」で退職5年以内であれば復職が可能になるため、復職のしやすい環境が整っているといえます。

しかし、一部では妊娠・出産をきっかけに退職をせざるをえない状況になる薬剤師がいたり、残業・休日出勤等の問題が解消されない店舗が存在するのも事実。
これを受けてアイングループでは2016年4月~2019年4月の3か年計画で「女性の活躍推進に関する行動計画」への取り組みを行っています。
まずは具体的な内容を見てみましょう。

[女性の活躍推進に関する行動計画]

●女性管理職比率50%
 本部の係長クラス以上、薬局長・店長などの管理職へ積極的に女性を登用していく
●有給休暇・連続休暇取得率100%
 有給休暇取得率、連続休暇(リフレッシュ休暇)取得率100%を目標とし、また休暇取得を躊躇なく取得できる環境づくりを計画的に行う
●残業時間ゼロ
 個人によって偏りのある残業時間をまずは20時間以上の残業人数ゼロに。2018年5月以降は残業時間をゼロに
●離職率改善
 結婚・育児などを理由にした退職についての実態調査を実施し制度改善に向けた問題抽出を実施

現時点(2018年2月時点)で改善計画が完了しているわけではないものの、調剤薬局業界全体であげられている問題に自ら焦点を当て、具体的な問題点と改善計画を公言し進めている点については、調剤薬局業界をリードしようという姿勢が感じられます。

女性比率の高い薬剤師にとって、ライフステージが変わっても働きやすい環境であることは職場選びの大きな基準になるため、こういった企業努力は安心感を持てますね。

8. アインファーマシーズの<クチコミ情報>

では第3者の評価はどうなのでしょうか。
アインファーマシーズに関するクチコミを見てみましょう。

"繁忙期は休日出勤もあるけど、リフレッシュ休暇は100%取得!"
― どこの調剤薬局でも同じですが、繁忙期の人手不足は避けられません・・。あらかじめ希望を出しておけば有給取得は可能ですが、忙しい時期は休日出勤も否めない状況ではあります。
有給は毎年消化できていませんが年に9日もあるリフレッシュ休暇は100%取得できていますね。
(30代男性 正社員 勤務薬剤師)

"育休・産休取得も時短勤務もしやすい環境!"
― やはり女性の多い職場なので、妊娠出産を経て働く先輩ママ薬剤師がどの店舗にも存在し、女性にとっては安心感のある職場かなと思います。私も本当は子供が1歳になる前に戻るつもりが保育園が決まらなくて1歳半まで育休を延長しました。
復帰してからも保育園の行事等で休みを取る際は躊躇なく有給申請できる環境があって、ありがたいと思っています。
(30代女性 正社員 勤務薬剤師)

"給与は高くないけどブラック要素は少ない会社!"
― 他社と比べてそんなに給与水準が高いようには感じませんね。薬局長クラスになると格段にアップするようですが、一般の勤務薬剤師は・・・。 しかし、教育や研修の体制はしっかりしています。資格取得のサポートもありますし、福利厚生も充実しているため、女性にとっても働きやすい環境です。
また、調剤過誤を防ぐための対策や設備投資もしっかりしています。
総合的にみるとブラック要素も少なく良い会社だと思います。
(30代男性 正社員 勤務薬剤師)

※クチコミは転職HAKASE独自調査によるもの

9. アインファーマシーズについてまとめ

いかがでしたでしょうか。
アインファーマシーズについて様々な角度から調査を行った結果を簡単にまとめます。


[アインファーマシーズについてのまとめ]
●調剤薬局チェーン業界最大手、売上高・店舗数、第1位
●安定した財務体質を武器に戦略的なM&Aや新規出店を実施。47都道府県で1000店舗を超える店舗数
●グループ全体の平均年収は616万円と業界きっての高年収だが、現場の薬剤師の年収は一般水準
●社員第一主義を掲げ個々人のステージに合わせた段階的な教育研修体制
●女性の働きやすさに定評、さらにに3か年で環境改善を推進


いかがでしたか。アインファーマシーズについて理解が深まったと思います。
更に詳しい話を聞きたい場合は転職サイトを経由してコンサルタントに話を聞くのもおすすめです。




【関連記事】
▼調剤薬局VSドラッグストア業界動向まとめ
https://tenshoku-hakase.com/category/work/vs.html
▼「日本調剤」って本当にブラック?事業や評判について徹底リサーチ
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/post_49.html
▼「さくら薬局」のクラフトってどうなの?事業や評判について徹底リサーチ
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/post_50.html
▼「アイセイ薬局」ってどうなの?事業や年収、評判について徹底リサーチ!
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/aisei.html
▼「クオール薬局」ってどうなの?事業や年収、評判について徹底リサーチ!
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/qol.html

アインファーマシーズへの転職なら
おすすめ転職サイト3選

薬剤師転職サイト人気ランキングTOP3をご紹介!

薬キャリ

おすすめのポイント

  • 10万人が利用している圧倒的実績
  • 様々な働き方に合わせた求人提案が可能
  • 医療業界に精通しているので知識も豊富

医療業界に精通したエムスリーグループが運営しているため、大手だけでなく幅広い求人を網羅しているNo.1サービスです。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 11927件

マイナビ薬剤師

おすすめのポイント

  • 面談対策が好評!話に自信がない人必見!
  • 求人のプロが手厚いサポートをしてくれます
  • 企業求人が豊富!

求人業界ではお馴染のマイナビが運営する薬剤師転職サービス。求人のプロがしっかり書類や面接のアドバイスをしてくれます。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 41229件

ファルマスタッフ

おすすめのポイント

  • 日調に転職するなら絶対ここ!
  • ブランクありも安心の教育支援が受けられる
  • 豊富な全国拠点を持っているので相談しやすい!

調剤大手の日本調剤グループの運営する転職サービス。時給4000円以上など、高額時給求人が豊富!

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 71154件

ページの先頭へ