お役立ち

POSTED

「登販エージェント」で登録販売者転職|口コミ評判|最新転職動向や年収アップ方法まで

「登販エージェント」で登録販売者転職|口コミ評判|最新転職動向や年収アップ方法まで

昨今のセルフメディケーション推進に伴い、薬剤師だけではなく登録販売者の活躍に期待と注目が集まっています。
特に出店ラッシュが続くドラッグストア業界において登録販売者の需要は高まるばかりです。

この背景を受けて薬剤師や医師を対象とした転職支援サービスを展開しているエムスリーキャリアが、登録販売者専門の転職支援サービス「登販エージェント」を開始しました。

今回はエムスリーキャリアの「登販エージェント」の事業責任者の長井さんに登録販売者の業界動向や転職事情、キャリア形成などについて詳しく伺ってきました。

登録販売者資格を持っているけれども、
 -どう生かせばよいのかわからない
 -すでに何度か転職を繰り返してしまっている
 -どのようにキャリアを進められるのかわからない
という方はぜひ読んでみてください。

登録販売者の転職市場動向

ではさっそく登録販売者の転職市場動向についてきいてみましょう。

Q1:登録販売者の需要は高まっている?


少し前、ドラッグストアの人事の方と話した際に、これまでにも増して登録販売者の需要の高まりを感じました。出店計画がハイスピードで進められているので採用が追い付かないということだったのですが、やはり今、業界全体でその傾向があるんでしょうか?

その通りです。 ドラッグストアはもちろん、かつて登録販売者を必要としなかった業態が医薬品を取り扱うようになったことから、登録販売者を必要とする小売企業が急激に増えてきているので、ここ数年で登録販売者の需要は急激に高まりました。

確かに!コンビニやネットでも医薬品の取り扱いが急激に増えましたもんね。便利になったなとは思いますけど、それだけ登録販売者が必要になったということですもんね。

はい。高齢化社会の進行とともにコンビニやドラッグストアの狭小商圏化が進み、サービスの多様化や商品カテゴリの拡大が進められてきました。
おっしゃる通り、コンビニではこれまで取り扱いのなかった医薬品を扱うようになりましたし、ドラッグストアでは生鮮食品までも扱うようになってきていますよね。

一つの店舗で消費者のニーズをどれだけカバーできるかを争っているということですね。

はい。そうです。
また、初めにおっしゃっていたように、ドラッグストア業界自体が好調で、店舗拡大を続けていること登録販売者の需要が高まってきている大きな要因です。
店舗には必ず登録販売者を置く必要があるため、全国的に転職市場は活況ですね。

なるほど。そういうことなんですね。


まとめ:登録販売者の需要について


  • 登録販売者の採用に積極的な企業が増えている
  • その背景には医薬品を取り扱う店舗が増えたことによる「就業先の多様化」と「ドラッグストア業界の高成長」があった

Q2:現在活況な登録販売者転職市場の今後は?


それでは今後、この傾向は続くのでしょうか?
長井さんはどのように予測されていますか?

先ほどの話でもありましたが、ドラッグストアは政策であるセルフメディケーション推進に比例するかたちで高成長を維持してきました。
さらにこれまでのドラッグストア業界の成長を牽引してきた日本チェーンドラッグストア協会は、2025年には30,000店舗を目指すという目標を掲げ市場のさらなる拡大にまい進していますから、この傾向はしばらく継続すると見ています。
ドラッグストアにとっては人材確保できるか否かが出店に直結するため、登録販売者の採用ニーズもしばらくは高まり続ける見込みです。

そうなんですね。
登録販売者の認知度もあがってきていると聞きますし、資格手当で時給も高く、需要もあるとなればますます人気が出そうですね。

はい。実際に登録販売者は毎年6万人もの人が受験する人気資格です。
合格率が40%台と低いものの、毎年2万人の資格者を輩出しているため、近い未来に飽和状態になることも予想されています。

飽和状態?その可能性もあるんですね。

はい。ですからそうなる前に、自らのキャリア形成に有利な職場を選び、経験とスキルを身につけることが重要になるといえます。

そうですよね。そもそも人口も減っていきますし。
早めに有利なポジション取りをするべきですね。


まとめ:登録販売者の転職市場の今後



  • 登録販売者の採用ニーズの高まりは数年継続見込み
  • 登録販売者の認知と人気の高まりにより登録販売者数が飽和状態になる可能性がある
  • 登録販売者数が飽和状態になる前に、キャリア形成に有利な職場を見つけることが重要


Q3:登録販売者の転職理由は?


みなさんどんな理由で転職されているんでしょうか?

やはり多いのは、「時給や勤務条件」「業務内容」「人間関係」が主な理由ですね。 せっかく資格を持っているので医薬品担当として勤務したいというのが本音ですが、資格者が多数いると希望カテゴリの担当につけなかったり、 手当についても時給にして数十円程度という企業も多くあります。 そのうえキツイ販売ノルマがあったりと、入ってから気づいてもすぐには転職できないので我慢するかたが多い印象です。

資格手当って数十円程度なんですか?月にすると数千円でしょうか... 少ないですね。

資格手当については、数千円のところから数万円のところまで企業によってさまざまです。 平均でいうと月1万円くらいが妥当かなと思います。月2万円程度支給されればかなり高いほうといえるでしょうね。

なるほど。年収にして10万~20万の差が生まれるとなったら転職も考えますね。
また、販売ノルマについても聞いたことがあります。
ノルマがキツくて自分で商品を購入するかたもいるとか。

はい。登録販売者といっても医薬品販売のみを担当するわけではありません。
働きだしてみると、自分が思い描いていたよりも、品出しやレジ打ちをしている時間が長かったり、販売ノルマが厳しいと感じる方はいらっしゃいます。
実際に販売ノルマのプレッシャーに耐えきれず、鬱状態になるかたもおられるほどです。

入社後のギャップは多かれ少なかれあると思いますが、キツイ方に振れている場合は...確かにやめたくなってしまいますね。

不満が先立つと転職する際のリサーチが不十分なまま転職先を決めてしてしまうことになりかねません。
実際に転職後「こんなはずじゃなかったのに・・・」
と、後悔してご相談いただくケースも多くあります。

働き始めてから気づいても後戻りできないですもんね。
転職時のリサーチを御社のような紹介会社を使ってすれば、転職後のミスマッチも少なくて済むということですね。

その通りです。 なるべくそのミスマッチをなくしイメージとのギャップを埋めていくのが私たち「登販エージェント」の役割でもありますから、安心してお任せいただきたいです。


まとめ:登録販売者の転職理由



  • 登録販売者の転職理由で多いのは「時給や勤務条件」「業務内容」「人間関係」
  • 登録販売者の資格手当は企業によってかなり差がある
  • キツイ販売ノルマを課せられる企業もあり、上からのプレッシャーで精神的に追い詰められることもある
  • 現職の不満から焦って転職先を決めるとミスマッチが起こる危険がある
  • ミスマッチ回避には転職活動の際のリサーチが重要


Q4:登録販売者の年収事情と年収アップ方法は?


では、先ほども少しありましたが、登録販売者の年収事情と今後の見込みについてお伺いしたいと思います。

はい。そもそも登録販売者は国家資格でありながら、平均年収でいうと高くはありません。
また今後も大きく上がっていく見込みはないと考えています。

そうなんですか。それはちょっと残念な話ですね...。

年収相場でいうと300万円台が多いです。時給相場では1000円台前半が多いですね。
また、資格手当は先ほど言った通り月に1万円程度が相場でしょうか。

なるほど。
ではどうやって年収を上げていけばいいでしょうか?

まず、転職はひとつの手段ではあります。
一時的な時給アップのためというよりは、将来的に着実に年収アップしていくための基盤を作るため、教育研修制度やキャリアパス・評価制度が整っている企業への転職であればしたほうが良いでしょう。

転職を繰り返して年収を上げるのではなく、長い目で見て計画的に年収アップできる企業を選ぶということですね。

そういうことです。

でもそういう企業って、どうやって探せばいいかわからないですよね。

もちろんご自身で頑張ってリサーチすることもできるのですが、やはりこれも我々のような紹介会社が得意とする部分ですね。
先ほども転職後のミスマッチを回避するためにも情報収集が重要という話がありましたが、さらに年収アップやキャリアアップを考えるのであれば、一層事前の情報収集が必要になります。

「もともとノルマなしと聞いていたのに、入社したら厳しいノルマを課せられた。」
「食品売り場担当になってまったく資格が生かせない」
「実績は上げているものの時給に反映されていかない、今後のキャリアアップが見込めず不安」

これらは「登販エージェント」へ寄せられる求職者のご相談の一部ですが、事前の情報収集や採用企業とのすり合わせができていれば回避できる問題でもあります。
年収アップはもちろん、中長期的なキャリア形成をするために腰を据えて働ける就業先を見つけることが非常に重要ですね。
登録販売者であっても店長クラスになっていけば500万円以上の高年収だって現実的に狙えるラインですから。

なるほど!事前に年収アップが見込めるような企業かどうかを見極めて転職することで年収アップにつながっていくということですね。

そういうことです。
今は売り手市場ということもあって企業選びがしやすい時期です。
今のうちに腰を据えて働ける企業をじっくり選ぶことをお勧めしています。

よくわかりました。有難うございます!


まとめ:登録販売者の年収



  • 登録販売者の年収相場は300万円台
  • 登録販売者の時給相場は1000円台前半
  • 中長期的にみて年収アップできる制度が整っている企業で働くことが年収アップへの近道
  • 売り手市場の今、キャリア形成のための土台作りをするチャンス
  • 研修体制・キャリアパス・評価制度等がしっかりと整っている企業かどうかは紹介会社を通してリサーチするべき

登販エージェント4つのポイント解説

それでは、登録販売者専門の紹介サービスが数多くある中で、エムスリーキャリアの登販エージェントが強みとするポイントをか、長井さんの解説を入れつつ見ていきましょう。


  • POINT1:豊富な求人情報

2019年8月時点で全国で6658件の登録販売者求人が掲載中

もともと主軸事業としている薬剤師専門の転職サービス「薬キャリ」が業界TOPサービスというだけあって、取引先企業が非常に多く、取り扱い求人件数が多いことが大きな特徴です。
登録販売者の主な就業先となるドラッグストアでは薬剤師採用と同時に登録販売者採用も数多く出るため大手チェーンから、中小規模店まで全国の求人がそろっています。


  • POINT2:早い!楽!ストレスフリーな転職活動

登販エージェントのサービスは電話とメールのみで対応可能

登録後のやり取りはすべて電話かメールで行えるため、わざわざコンサルタントに会う必要はありません
必ず対面面談を行う紹介会社もありますが、その場合は、登録してから求人を紹介してもらうまでに少なくとも1日以上のタイムラグが生じてしますんです。 登販エージェントは即日で求人の提案ができるため、急いでいるかたや、わざわざコンサルタントと会って面談するのが面倒、忙しくて時間を調整できないというかたには高評価をいただいています。


  • POINT3:コンサルタントのサポート力

登録販売者の転職・キャリアに精通したハイレベルなコンサルタント集団

登販エージェントに登録すると一人ひとりに専属のコンサルタントがつきます。
希望地域での登録販売者の転職動向や市場感、キャリア形成に有利な方法ついてもコンサルタントは熟知しているため、疑問点は遠慮なく聞いてください。
また、自己分析や履歴書・職務経歴書等の書類の書き方、面接対策等、転職活動をスムーズに進めるための細かいサポートも行っているため、転職活動が初めてのかたも安心してお任せいただけます。


  • POINT4:アフターフォローも万全

転職先に入社した後のアフターフォローもあるので安心

転職活動は就業先が終われば終了ですが、実際に働き始めてから定着するまでにはいろいろな不安があります。
就業開始後の相談も登販エージェントのコンサルタントは定期的にご連絡をとらせていただき、ご終業状況を確認いたします。
もしも就業が始まってから、事前に聞いていた条件と違うことがあったり、職場環境に問題があれば気軽にご相談ください。 安心して長く働ける環境が整うまでフォローいたします。


まとめ:「登販エージェント」のポイント

「登販エージェント」で特徴的なのは紹介会社でよくある対面面談のフローがないことですね。
わざわざ会いに行かなくてよい分、早く求人を紹介してもらえますし、無駄な時間を短縮できて効率的です。
エムスリーキャリアの薬剤師専門の紹介サービスでも同様の「会わない面談」形式をとっているので、同様の仕組みのようですね。
急いでいる人や、会って話すのが面倒な人はけっこういますから、この点を魅力に感じる方も多いのではないでしょうか。
また、既存事業で持つ調剤薬局やドラッグストアのネットワークを利用し全国の登録販売者の求人をカバーしているため求人数は非常に多いです。
登録販売者の紹介サービスでは地域特化型のサービスも多いので、引っ越しを伴う転職に対応できないものもありますがその点「登販エージェント」では全国エリアをしっかりカバーしてくれるので安心ですね。

登販エージェントの使い方 <登録~入社後>

登録販売者には紹介会社を利用して転職したことのない方も多いのでここで登販エージェントのサービスの仕組みについて説明していきます。


  • STEP1:登録

登録方法はサイトからの登録か、電話での直接問い合わせもOKです。
サイトでは簡単な個人情報を入力して登録します。


  • STEP2:電話面談

現在の就業状況やご希望条件などを把握するために、電話・メールを中心にやりとりをします。


  • STEP3:求人提案

ご希望に合った条件の求人をご紹介します。
応募する場合は「履歴書」「職務経歴書」を作成していただきます。作成にあたっては必要に応じてサポートしてくれます。


  • STEP4:面接準備

書類選考が通ると、面接です。
面接の日程調整「登販エージェント」の担当者が代理でしてくれます。
また、面接対策として想定される質問等を教えてくれたり、どのように答えるべきかアドバイスをしてくれます。電話での模擬面接や場合によっては対面でのサポートもあります。


  • STEP5:面接後~条件交渉

面接が終わったら、「登販エージェント」の担当者に状況を共有しましょう。
もちろんここで「やっぱりなんか違うかも」と思ったら正直にその旨を伝えてOKです。
また、条件についても「もう少しこうしたい」という要望がある場合は伝えましょう。条件交渉も担当者が代行してくれます。


  • STEP6:内定~入社準備

無事に選考が進み、内定が出たら入社に向けて準備をしていきます。
入社にあたっての条件書等の準備ができたら「登販エージェント」の担当から送られてきますので確認しましょう。
この段階でもしもお勤めの企業からの引き留め等があれば相談しましょう。
円満に退職を進めるためのアドバイスもしてくれます。


  • STEP7:入社~アフターフォロー

おめでとうございます。
新しい職場の環境に不安を感じることもあると思います。その際は「登販エージェント」の担当者に相談しましょう。
転職活動は入社がゴールではありません。実際に働き始め、職場の環境に馴染んで初めて転職が完了します。
それまでのサポートを受けることができますので安心して相談しましょう。

登販エージェントの口コミ

【CASE:1】40代女性 ドラッグストア 正社員
「紹介会社を使って転職するのは初めてでしたが、登販エージェントの担当の方に履歴書や職務経歴書の書き方を含めた面接までのサポートをしてもらえたことが大変心強かったです。採用後に至っても丁寧にフォローいただき安心感がありました。有難うございました。」

BEFORE条件→ドラッグストア、パート、年収200万
AFTER条件→ドラッグストア、正社員、年収390万

【CASE:2】30代女性 ドラッグストア 正社員
「調剤薬局での勤務経験しかなかったので、商品知識の幅をもっと広げたいと思いドラッグストアへの転職を決意しました。アピールポイントの伝え方や履歴書や職務経歴書の書き方などもきちんと指導してくださったのでありがたかったです。
思ったよりスムーズに転職できたのは登販エージェントさんのおかげだと思います。」

BEFORE条件→調剤薬局、正社員、年収230万
AFTER条件→ドラッグストア、正社員、年収380万

【CASE:3】40代女性 ドラッグストア 正社員
「もともとパートで勤務していたのですが、高齢の親が介護施設に入居が決まったことで月々の収入安定させる必要があったため、正社員への転職を希望していました。
正社員で働いたことがなかったので転職活動の方法についても何の知識もなく、たまたまネットで見つけた登販エージェントさんに登録しました。そんな私にイチからご指導くださり、また思ってもいなかったほどの高収入の仕事が見つかり、本当に感謝しています。」

BEFORE条件→週5勤務フルタイムパート、年収180万円
AFTER条件→正社員、年収365万円

【CASE:4】30代女性 ドラッグストア 嘱託職員
「もともと正社員での就業を目指していましたが、大手ということもあり嘱託職員スタートでも福利厚生が充実しており、かつ将来的に正社員を目指せる企業だったので転職を決めました。
登販エージェントの担当の方とは今後の人生設計からキャリアの進め方などについてもいろいろと相談させていただき、もともと想定していなかった選択肢だったのですが納得して決めることができました。有難うございました。」

BEFORE条件→週4日パート勤務、年収135万円
AFTER条件→正社員登用を目指せる嘱託職員、年収270万円

【CASE:5】40代男性 ドラッグストア 正社員
「前職では店長昇格の順番待ちをしている状態が何年も続いていました。昇格も昇級もできないままただ時間が過ぎていくだけの状況をなんとか変えたいと思い、登販エージェントに登録しました。
数回転職を経験しているため職歴が荒く、どのように自分をアピールすれば良いかわからなかったのですが、担当のコンサルタントのかたにアピールのしかたを丁寧に教えていただき、不安だった書類作成や面接を乗り切れました。大幅に年収もアップできて本当に感謝しています。」

BEFORE条件→ドラッグストア、正社員、年収390万
AFTER条件→ドラッグストア、正社員、年収460万

【CASE:6】30代男性 ドラッグストア 正社員
「これまでアルバイト経験しかなかったのですが、将来のことを考えるとそろそろ正社員になってキャリアを整えていきたいと考えるようになりました。
自己応募でいくつか面接に挑んではいたのですがことごとく見送られており...登販エージェントさんに泣きつきました。書類準備から面接対策まで丁寧に指導してもらったおかげで高条件で内定をもらえ、満足しています。はじめからお願いしておけばよかったです。」

BEFORE条件→ドラッグストア、パート、年収200万
AFTER条件→ドラッグストア、正社員、年収400万

【この記事もオススメ】
▼登録販売者ってどんなお仕事?資格取得・年収・メリット・デメリットも
https://tenshoku-hakase.com/category/news/tourokuhanbaisya.html
▼登録販売者の給料は低い?|エリア別/業態別/雇用形態別の年収・時給
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/tohan_kyuyo.html
▼[登録販売者の転職]紹介会社は使っていいの?安全?こんな人は使っちゃダメ!
https://tenshoku-hakase.com/category/howto/tohan_tensyoku.html

ページの先頭へ