お役立ち

POSTED

Let's副業!薬剤師のための失敗しない副業の始め方

Let's副業!薬剤師のための失敗しない副業の始め方

薬剤師業界は一般職種に比べると副業を認める企業が多く、副業自体は珍しい存在ではありません。
その背景には、「パートでも高時給なこと」「慢性的な薬剤師不足であり、パート薬剤師の需要が高いこと」などの理由があります。

近年は「働き方改革」の一環として副業の普及が進められており、薬剤師業界でも今後さらに副業が一般的な働き方になるかもしれません。
今回は、そんな副業のメリットやデメリット、注意点などについて解説していきます

[この記事で書かれていること]
●近年の副業推進の流れについて
●薬剤師が副業するメリット・デメリット
●副業できる薬剤師、できない薬剤師の違い
●実際に本業と副業を両立している薬剤師の事例
●副業先の探し方

1. 副業にまつわる近年の行政の動き

柔軟な働き方の実現を目指し、2017年3月より「働き方改革実行計画」の一環として、副業・兼業の普及が進められてきました。
2018年1月末には厚生労働省が新しいモデル就業規則を公開。従来の「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という文言を削除し、

"第67条 労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。"

と明記しました。これにより事実上、副業は解禁。
一部メディアでは2018年を「副業元年」と呼んでいます。

今後は、社内規定で副業を禁止している企業も徐々に副業を容認していくことが予想されます。
薬剤師業界においても、これまで以上に副業を認める会社が増えるでしょう。

2. 副業のメリットとデメリット

2.1 高年収やスキルアップへの近道

薬剤師の副業におけるメリットは、まず年収アップが挙げられます。
たとえば、時給3,000円で毎月4日間8時間働いた場合、年収は115万2,000円アップします。「時給3,000円」という金額は、一般的なアルバイトではまずお目にかかれませんが、パート薬剤師もしくは派遣薬剤師の時給ならば十分に実現可能な範囲です。

また、年収アップ以外に薬剤師としてのスキルアップを目指す人もいます。
たとえば調剤薬局の場合、どうしても近隣の病院・クリニックの診療科や医師の志向によって取り扱う医薬品は偏ってきます。しかし、副業先に普段触らない医薬品の調剤・処方に携われる薬局を選べば、知見を広めることにつながります。

2.2 自己管理と情報管理は必要不可欠

当然ながら、通常の勤務に加えてさらに働くわけですから、並以上に体力は必要です。
無理して副業をした結果、体調を崩して本業に迷惑をかけてしまっては元も子もありません。スケジュール管理および自己管理は副業の必須要件と言えるでしょう。

また、本業と副業先で頭を切り替えることも大切です。
業務フローに混乱する程度ならまだしも、人事や出店戦略など社外秘の情報をうっかり漏らしてしまった場合、大事になる恐れもあります。

3. 副業できる薬剤師、できない薬剤師

3.1 就業規則を確認のうえ、上司の承認を得る

薬剤師が副業を始めるにあたり、まずは現場の上司に理解と承認を得ることが第一歩。無許可・無申請で副業を始めることは避けた方が良いでしょう。
その理由は、上司は部下のマネジメント業務を担っているから。副業していることが分かっていれば、上司の方で残業や業務の振り方を調節できます。本業と副業を両立させていくうえで大きな助けとなるはずです。

当然ですが、就業規定で副業が禁止されている場合、副業することはできません。
もし就業規定に違反して副業を行っていたことが露見した場合、処分は勤務先次第となります。
軽い場合は口頭による注意で済む場合もありますが、ことによっては懲戒処分を検討されることもあります。

3.2 副業できない薬剤師①:公務員薬剤師

薬剤師は比較的副業がしやすい職種とはいえ、すべての薬剤師に副業が許されているわけではありません。 その筆頭が公務員薬剤師です。公立病院や各種行政機関に勤める薬剤師は、国家公務員法、地方公務員法により原則として副業が禁止されています。

国家公務員法第103条(私企業からの隔離)
職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

出典:文部科学省 「国家公務員法(昭和22年法律第120号) -抄-」
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu8/toushin/attach/1366607.htm

地方公務員法第38条(営利企業等の従事制限)
職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

出典:文部科学省 「地方公務員法(昭和25年法律第261号) -抄-」
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu8/toushin/attach/1366609.htm

3.3 副業できない薬剤師②:管理薬剤師

公務員薬剤師だけでなく、管理薬剤師も薬事に関する副業が禁止されています。

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」第7条3項
薬局の管理者(第一項の規定により薬局を実地に管理する薬局開設者を含む。次条第一項において同じ。)は、その薬局以外の場所で業として薬局の管理その他薬事に関する実務に従事する者であってはならない。ただし、その薬局の所在地の都道府県知事の許可を受けたときは、この限りでない。

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 第7条3項で禁止されているのは、あくまで「薬事に関する実務」。薬剤師業務と無関係な仕事であれば副業が認められるケースもあるようです。 とはいえ、副業を考えている管理薬剤師の方は、事前に薬局経営者ならびに各都道府県の役所とよく相談することをおすすめします。

4. 副業している薬剤師の事例紹介

ここからは、実際に本業と副業を両立して活躍している薬剤師の事例をご紹介します。

"正社員薬剤師として調剤薬局勤務しながら実家の手伝い"
― 本業は小児科の門前薬局で正社員薬剤師として勤務しています。実は両親も薬剤師であり、実家は両親二人で回している"パパママ薬局"。
両親もいい年なので、いまは月2回のペースで実家の薬局を手伝いにいっています。
自分都合でしたが、上司や同僚も快く許可してくれて本当に助かりました。
いざ副業を始めてみると、高齢患者さんが多く訪れるなど環境がまったく異なり、スキルアップできている実感があります。「副業」と言えるほどお金はもらっていませんが、やりがいをもって臨めています。
(41歳 男性薬剤師 本業:調剤薬局 副業:家族が経営する調剤薬局)

"正社員で調剤薬局勤務しながら日曜日に副業"
― 昨年に子どもが生まれ、妻が時短勤務で働くようになりました。世帯収入が減るのに加えて、自分の奨学金返済も残っており、収入アップのために副業を決意しました。本業は面の調剤薬局で精神科が中心です。
紹介会社に事情を話したところ、精神科一本の薬局で毎週日曜日に働けるようになりました。患者数もそこまで多くないので、無理なく本業と両立できています。
年収としても約100万円アップしたので、生活水準も下げずに済みました。
(28歳 男性薬剤師 本業:調剤薬局 副業:調剤薬局)

"本業は海外でメディカルライター、副業は日本で派遣薬剤師"
― 普段はアメリカに住んでおり、メディカル系情報サイトのライティングで生計を立てています。毎年2カ月ほど日本に帰国するので、その期間だけ派遣薬剤師として調剤薬局・ドラッグストアで副業をしています。
職場選びの基準は高時給一択。はじめから働ける期間が明確なため、「残業が多い」「人間関係がぎくしゃくしている」なんてネガティブな条件でも我慢できてしまいます。
飛行機代や滞在費は副業でまかなえており、普段とは違った刺激をもらえるのでとても充実しています。
(45歳 女性薬剤師 本業:メディカルライター 副業:派遣薬剤師)

5. 副業先を探すには

副業先の探し方としては、おおむね「親族・知人の紹介」もしくは「紹介会社の利用」に分かれます。
どちらのやり方でも問題はありませんが、不安な薬剤師は薬剤師専門の紹介会社を利用すると良いでしょう。
薬剤師専門の紹介会社であれば、「副業(ダブルワーク)先を探している」と言うだけで条件に見合った求人を探してくれます。
実際にサイトに掲載されている求人にはこのようなものがあるようです。

[求人例]週1勤務可能な派遣薬剤師
参照:薬キャリ https://agent.m3career.com/search/result_detail/M3C_s-2230
※2018年4月時点

[求人例]月1~2回/土曜のみ勤務
参照:薬キャリ https://agent.m3career.com/search/result_detail/M3C-385855
※2018年4月時点

下に挙げる3社は、副業希望の薬剤師サポートについても多くの実績をもっています。
特に「薬キャリ」「ファルマスタッフ」は、薬剤師派遣サービスにも特化しており、求人も豊富にあるためおすすめです。

副業先探しもおまかせ!転職HAKASEオススメ転職サイト3選

No.1

薬キャリ

大手志向・年収アップの相談ならここ!
まずは登録すべき業界最大手

No.2

マイナビ薬剤師

じっくり転職を考えたいならここ!
病院・企業転職もおまかせ!

No.3

ファルマスタッフ

日本調剤系転職サイト!
派遣も考えている人にもオススメ!

紹介会社は無料で利用できますので、副業先として有力な候補がないのであれば、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

6. [まとめ]副業は"諸刃の剣"!職場探しは慎重に!

●国を挙げて副業が推進されている
●副業は高年収やスキルアップにつながるが、高い自己管理能力が必要
●副業する際は上司の理解と承認が大切
●公務員薬剤師、管理薬剤師は原則副業できない
●副業先を探す際は紹介会社を利用すると安心

いかがでしたでしょうか。 副業は年収アップやスキルアップにつながりますが、職場選びに失敗してしまうと本業にも悪影響を与える諸刃の剣です。
冒頭で述べたように、国を挙げて副業が推進されているいま、副業を認める会社も受け入れる会社も増えています。しっかりと職場を見極めて、薬剤師としてのキャリアアップを成功させてください!

【関連記事】
▼薬剤師のワーク・ライフ・バランスのとりやすさが尋常じゃない件
https://tenshoku-hakase.com/category/howto/pharmacist_wlb.html
▼パート薬剤師ってどうなの?派遣との違いは?お金・働き方・転職の仕方まとめ
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/post_42.html
▼[派遣薬剤師まとめ]メリット・デメリットや派遣会社の選び方
https://tenshoku-hakase.com/category/useful/haken_2018matome.html

薬剤師転職サイト人気ランキングTOP3をご紹介!

薬キャリ

おすすめのポイント

  • 10万人が利用している圧倒的実績
  • 様々な働き方に合わせた求人提案が可能
  • 医療業界に精通しているので知識も豊富

医療業界に精通したエムスリーグループが運営しているため、大手だけでなく幅広い求人を網羅しているNo.1サービスです。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 11927件

マイナビ薬剤師

おすすめのポイント

  • 面談対策が好評!話に自信がない人必見!
  • 求人のプロが手厚いサポートをしてくれます
  • 企業求人が豊富!

求人業界ではお馴染のマイナビが運営する薬剤師転職サービス。求人のプロがしっかり書類や面接のアドバイスをしてくれます。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 41229件

ファルマスタッフ

おすすめのポイント

  • 日調に転職するなら絶対ここ!
  • ブランクありも安心の教育支援が受けられる
  • 豊富な全国拠点を持っているので相談しやすい!

調剤大手の日本調剤グループの運営する転職サービス。時給4000円以上など、高額時給求人が豊富!

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 71154件

ページの先頭へ