施設別お仕事

POSTED

薬剤師のドラッグストアへの転職ってどうなの?

薬剤師のドラッグストアへの転職ってどうなの?

ドラッグストア勤務で求められるもの

ドラッグストア勤務の薬剤師さんのイメージとしてよくあげられるのが、
 ・調剤以外の業務で忙しいそう
 ・レジ打ちや接客が大変そう
 ・店舗間のヘルプ等が多く休みが取れなさそう
 ・お給料が高い
などです。

実際に調剤併設のドッグストア業務には処方箋調剤はもちろん、合間でのOTC医薬品やその他の一般商品の販売・在庫管理、レジ打ち、ポップづくり等の接客に付随する業務が必然的に発生するため、一般的な調剤薬局と比較するとかなり広範囲な医薬品及び商品の知識、高いコミュニケーション能力が求められるのは事実です。

ドラッグストアで働くメリット

現在の日本においてはドラッグストア業態事態が店舗数500を超える大手チェーンの店舗が多くを占めていることもあり、しっかりとした人事制度や評価制度が確立されており、様々な雇用形態が用意されていることも特徴です。

したがって、正社員での雇用はもちろんのこと、例えば限られた時間で働きたいママ薬剤師には契約社員やパート社員、副業で稼ぎたい薬剤師にはアルバイト等、雇用形態の選択肢が多いのはとても魅力的です。

また、一般的な調剤薬局勤務の薬剤師や、病院勤務薬剤師と比較すると圧倒的に給与面で優遇されていることも事実。小売的な店舗経営の観点で売上に左右される部分もありますが、ボーナス支給や手当が充実しているのもドラッグストアの特徴でもあります。

ドラッグストア選びのポイント

現在、セルフメディケーション推進の波に乗って、調剤併設のドラッグストアは伸長傾向にあります。
同じドラッグストアと言っても店舗ごとで業務形態や業務分担等もかなり異なってきますので、事前に薬剤師やスタッフの構成や業務内容の詳細を確認することが入社後の「こんなはずじゃなかった!」を避ける為には非常に重要です。

実際、「処方箋調剤業務の割合が非常に少なく、ほとんどがOTC医薬品やトイレットペーパー等の一般商品の販売や棚卸し、ポップ作りばかりで薬剤師としてのスキルが生かせない」という理由でドラッグストアから調剤薬局への転職をする薬剤師さんは少なくありません。

とはいえ、自己応募ではなかなか業務分担やそれぞれの業務の細かい割合まで聞けないことも多いもの。
採用側もあえて隠す場合もありますので、紹介会社を介してコンサルタントに相談し、そのドラッグストアで得られるメリットと、自分の志向や希望条件のすり合わせを細かく行い、間違いの無い転職をするのがよいでしょう。

PickUp 転職サイト

薬剤師転職サイト人気ランキングTOP3をご紹介!

薬キャリ

おすすめのポイント

  • 10万人が利用している圧倒的実績
  • 様々な働き方に合わせた求人提案が可能
  • 医療業界に精通しているので知識も豊富

医療業界に精通したエムスリーグループが運営しているため、大手だけでなく幅広い求人を網羅しているNo.1サービスです。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 11927件

マイナビ薬剤師

おすすめのポイント

  • 面談対策が好評!話に自信がない人必見!
  • 求人のプロが手厚いサポートをしてくれます
  • 企業求人が豊富!

求人業界ではお馴染のマイナビが運営する薬剤師転職サービス。求人のプロがしっかり書類や面接のアドバイスをしてくれます。

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 41229件

ファルマスタッフ

おすすめのポイント

  • 日調に転職するなら絶対ここ!
  • ブランクありも安心の教育支援が受けられる
  • 豊富な全国拠点を持っているので相談しやすい!

調剤大手の日本調剤グループの運営する転職サービス。時給4000円以上など、高額時給求人が豊富!

対応エリア 全国, 関東, 関西
求人数 71154件

ページの先頭へ